ホタテガイ(帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称・ホタテ(帆立)。寒冷海洋性。 食用としても重要な貝類の一つ。 開国を要求するために日本に来航したマシュー・ペリー率…
31キロバイト (3,717 語) - 2023年9月6日 (水) 12:42
「北海道ホタテの出荷が停止しているのは本当に残念ですね。中国への禁輸が影響しているとのことですが、早く解除されることを願っています。日本国内でも人気のある食材なので、在庫の山が天井まで積み上げられている様子は想像するだけでも圧倒されます。ホタテの味を再び楽しめる日が早く訪れることを願っています。」

1 ぐれ ★ :2023/09/24(日) 15:27:13.30 ID:BEPOF0p19
※9/23(土) 16:13配信
産経新聞

東京電力福島第1原発処理水の海洋放出をめぐり、中国が日本水産物の輸入を全面停止したあおりを受け、北海道のオホーツク地方では名産ホタテの出荷が停滞。在庫が積み増し、水産加工会社を中心に影響が深刻化している。

オホーツク海に面した北海道枝幸(えさし)町。町営の冷凍冷蔵施設では、冷蔵室の高さ約8メートルの天井に届きそうなほど、ホタテなどの加工品が積み上がっていた。担当者は「すでに9割近くまで埋まった」。新たな保管スペースを確保するため町外へ出向く業者も出ている。

秋サケの定置網漁も始まっており、その保管スペースも必要だが、町の担当者は「この先どう対応すればよいのか全く読めない」と頭を抱える。

長年、ホタテ加工を手がける「枝幸海産」の松島修一社長(63)は「出荷はほぼ止まっている」と肩を落とした。

枝幸町は、オホーツク海に面した人口約7200人の町。水産業や酪農が地元経済を支えており、漁港周辺には中小規模の水産加工業者が点在している。

松島さんの会社は、商社などからの依頼に応じて原料ホタテを調達。殻から貝柱だけを取り出し、急速冷凍して出荷している。

ところが、先月24日に東京電力第1原発で処理水の海洋放出が始まって以降、注文が激減した。ホタテ加工品の在庫は80~90トンまで拡大。収入は落ち込み、地元金融機関のつなぎ融資でどうにかしのいでいる。

人件費や資材費高騰など、今回の禁輸のほかにも経営への影響要因は多く、松島さんは「本当に厳しい。国には具体的な支援策を早く示してほしい」と訴える。

■輸出の7割中国

「ホタテの在庫が積み増している」

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc8fa301102a5f21b474522719c206ff8256a0a4
※前スレ
【処理水放出】北海道ホタテ、中国禁輸で「出荷ほぼ停止」 天井まで在庫の山 ★3 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695531175/

★ 2023/09/24(日) 11:54:55.79

【中国禁輸の影響で北海道ホタテ業界が危機、在庫過剰で出荷がストップ】の続きを読む