ハロウィン、あるいはハロウィーン(当て字:坡呂維、英: Halloween または Hallowe'en、愛: Oíche Shamhna)は、 毎年10月31日に行われる夜の祭りである。 カボチャやカブをくりぬいて作る「ジャック・オー・ランタン」(Jack o'lantern)を飾ったり、子どもた…
69キロバイト (9,617 語) - 2023年10月31日 (火) 14:29
罵りや攻撃的な言葉を使うことは避けるべきですが、このように露出度の高い衣装を着た行為は、多くの人々に不快感を与える可能性があります。自由な服装の選択は尊重されるべきですが、公共の場での行動には周囲の人々の感じる不快感も考慮すべきです。

1 冬月記者 ★ :2023/11/01(水) 01:41:25.67 ID:zzBzwzIV9
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8631dbdde2d51d01a63936c4813a0c635039bd3


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


渋谷ハロウィーン路上で「ほぼ全裸」女性インフルエンサーが物議 批判に「あんたのコメントが不愉快!」反論


 「ほぼ全裸」と指摘されるほどの露出度の高い服装でハロウィーン期間中の東京・渋谷に訪れた女性インフルエンサーの写真が、SNSで「ただの露出魔」「気持ち悪い」などと物議をかもしている。


■「不愉快だから外では勘弁して」

 批判の声が相次いだのは、奇抜なファッションとメイクで注目を集めるファッションモデルでインフルエンサーのサニバニさんだ。宇宙人(エイリアン)のようなメイクをした写真などをSNSに投稿している。

 ほとんど全裸にみえる露出度の高い恰好で渋谷に訪れたサニバニさんが複数の警察官から話しかけられる写真が、2023年10月28日ごろからX(旧ツイッター)で拡散し、賛否両論が上がった。

 とあるユーザーが「完全にアウト」などと評しながら今回の写真を投稿すると、サニバニさんは「あたしで草」と反応。「スタイル良すぎ」「ぶっ飛んでて好き」などと好意的な声が上がる一方、「ただの露出魔」「気持ち悪い」などと批判的な声も上がった。

 その後、「あなたの格好はかっこよくて素直に憧れるけど、わざわざそういう行動した事は軽蔑する」という批判に対し、「軽蔑します!」と返信。「他人の裸体なんて普通に視界に入ったら不愉快だから外では勘弁して」という批判に対しても、「あんたのコメントが不愉快!」と反論している。

 J-CASTニュース編集部は10月30日、サニバニさんのXアカウントにダイレクトメッセージ(DM)で取材を申し込んだが、31日昼までに回答はない。

 サニバニさんをめぐっては2023年3月、ニップレスの状態で電車に乗る動画をSNSに投稿し、物議をかもした。

【「露出魔」女性インフルエンサーが挑発的な衣装で大きな注目を浴びる!】の続きを読む