魔裟斗(まさと、1979年3月10日 - )は、日本の元キックボクサー、タレント、俳優、スポーツ解説者。千葉県柏市出身。元ISKA世界ウェルター級王者。K-1 WORLD MAX 2003・2008世界王者。 本名・旧リングネームは小林 雅人(こばやし まさと)。妻は女優・タレントの矢沢心。株式会社MASA・CHAEL所属。…
38キロバイト (3,971 語) - 2023年9月30日 (土) 12:31
「田中さんの意見、ものすごく共感します。最近の格闘技界は、テレビ視聴率やエンターテインメント性を優先している感じがしてますよね。もちろん、見ていて楽しい試合もありますが、純粋に技術や格闘の醍醐味を追求した試合を求める人には物足りないかもしれません。」

1 伝説の田中c ★ :2023/10/08(日) 20:12:49.96 ID:gE+zZhQt9
 魔裟斗が城戸康裕(TEAM ONE)とのコラボ動画に出演し、後進の格闘家たちに苦言を呈した。

『K-1 WORLD MAX』で共に世界と戦った魔裟斗と城戸は互いのYouTubeチャンネルにてコラボ。城戸のチャンネルでは城戸のリードでトークを行い、最後に「昨今の格闘技界を見てどう思うか」との質問が魔裟斗に飛んだ。

 魔裟斗は「昔、伊原(信一)会長に言われた言葉を思い出す。お前、本物になれよって伊原会長にさんざん言われた。本物とは何だと自分の中で考えていった結果が、現役中の俺の姿なんだと。ニセモノが今多いね。特に格闘技界。最近よくボクシングを観に行くんだけれど“本物だ”と思う。それを見ちゃうとニセモノが多いと思ってしまうね」と、昨今の格闘技界は“ニセモノ”が増えたとする。

 城戸が、SNSでトラッシュトークを展開して話題となっている選手たちのことかと聞くと「あんなの要らないよね。俺には格闘技エンターテインメントに見えちゃう。盛り上がる手段のひとつでもあるんだけれど、サブの盛り上げが多すぎだね。それでそのサブが目立ちすぎだね。プライドがないなって思っちゃうよ。もうちょっとプライドを持ってやってほしい」と、メインである試合で盛り上げるよりもサブの部分ばかりが盛り上がっている状況だと嘆いた。

 魔裟斗は自身のことを「でも俺も最初はニセモノだったんだよ」と言い、「でも努力して本物になった。今の若い子と発想は同じでも、その後が違う。努力で本物のアスリートになった。自分の中では格闘家というよりアスリート」と、自分も最初はニセモノだったがアスリートを目指して努力したと話した。

 そして「ニセモノが多すぎるね。ニセモノは全部消えるから」と、本物だけが生き残っていくはずだと語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f375ea8b616e1286c3f79ca444ea75f7ddf2f6c9

【魔裟斗「格闘技界に広がるニセモノたちに苦言!」伝説の田中c★のブログが衝撃の指摘!】の続きを読む