松本人志


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
119キロバイト (16,080 語) - 2024年2月17日 (土) 11:31

(出典 upload.wikimedia.org)


松本人志さんの主張には客観的証拠が存在しないということですね。事件の真相を明らかにするためには、慎重に調査が行われるべきです。

1 Anonymous ★ :2024/02/18(日) 12:35:00.19 ID:VFFWQmgq9
2/17(土) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ca9a8669bfdc2c60aae931759525818c73487ad

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(60)が、女性に性的行為を強要したとする「週刊文春」の報道で名誉を毀損(きそん)されたとして、「週刊文春」の出版元・文芸春秋への名誉毀損による損害賠償約5億5000万円の慰謝料などを求めた訴訟で、松本側が「客観的証拠は存在しない」と訴状で主張していることが16日、分かった。

 訴状では「性的加害が大きな社会問題化しており、このような状況下で『性的行為を強要した』というレッテルが貼られてしまえば、芸能活動を行う原告の社会的評価を著しく低下させる」と指摘。記事は「一方的な供述だけを取り上げた極めて杜撰(ずさん)な取材活動に基づくもの」とした。

 1月8日に松本は裁判注力のため芸能活動を休止することを発表した。訴状で「多数のテレビ番組出演を休止せざるを得ない状況となり、また、出演していたCMも放映中止となる等、筆舌に尽くし難い精神的損害を受けたのであるから、原告が受けた精神的苦痛に対する慰謝料は5億円を下らない」と主張。加えて「金銭による事後的賠償のみでは到底回復され得ない」と記事訂正も求めている。第1回口頭弁論が3月28日に東京地裁で開かれる予定。
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708170706/
松本人志側、性加害疑惑報道「客観的証拠は存在しない」訴状で主張 ★2 [Anonymous★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708181346/

【松本人志側が性加害疑惑報道に反論「客観的証拠は存在しない」】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
119キロバイト (16,066 語) - 2024年2月13日 (火) 08:22
「松本人志さんの活動休止は、彼の収入に大きな影響を与えることは間違いありません。彼の報道によると、5億円以上の収入が減少する可能性がありますが、これは非常に巨額の金額です。税理士によると、松本さんは節税対策をしっかりと行っているはずであり、おそらくこの収入の減少に対応するための備えもしていると思われます。彼が個人事務所を持っていることも税金の行方に関しては重要な要素であり、彼がどのように節税を行っているのかは興味深いです。」

1 征夷大将軍 ★ :2024/02/05(月) 22:57:37.40 ID:VrBsdnJT9.net
お笑い界の王が、長きにわたって主戦場としていたテレビから消えた。『ダウンタウン』の松本人志。'23年末から“告発者”が絶えず今にまで続いている、王が行ってきたという性加害疑惑。


 一連の報道を受け、松本は1月8日に活動休止を発表。収録済みの番組はその後もしばらく放送されたが、現在では松本の姿はほぼ芸能界から消えた。

「松本さんは名誉毀損で提訴したことを明らかにしていますが、証拠の有無など、裁判は年単位の時間がかかる。その間、松本さんのテレビの仕事はほぼないでしょう。ネットなどで何らかの活動をする可能性はありますが、これまでのテレビ出演で得ていたギャラは今年から数年ゼロといっていい」(芸能プロ関係者)

 活動休止前、松本のレギュラー番組は、コンビで週3本。単独で週4本あった。

「松本さんのギャラは1本200万円程度。レギュラー以外の特番にも多く出演しており、もろもろ含め、吉本の取り分を引いても年収は5億円を下らないでしょう」(同・前)

 '23年に得た多額のギャラにかかる税金は今年、納めなければならない。収入激減のなか、松本が今年支払う金額は……。

「所得税の最高税率は45%、住民税の税率は一律10%です。松本さんのようなトップクラスの芸能人は課税所得金額の半分以上を税金として徴収されています。仮に青色申告者で収入5億円、経費2億円として所得3億円として所得税を計算すると、所得税は約1億3000万円、住民税は約3000万円になります」

 そう話すのは、『税理士法人松本』所属の税理士・石原俊嗣氏。

「特に住民税は1年遅れで課税されるため、活動を休止するような場合は、その年の収入以上の住民税を払わなければならなくなることもあります。貯金を取り崩して払う人も多く、気持ちとしては大きな負担になるでしょう」(石原氏、以下同)

 今回、試算したのは社会保険料や生命保険料控除などを考慮していない場合の税額。

「基本的に出演料などの報酬が支払われるときには、源泉所得税が差し引かれています。芸能人への出演料などは所得税法204条に源泉徴収税額の徴収金額が定められており、報酬から徴収される源泉徴収税額は報酬の10・21%です。

 ちなみに1回に支払われる金額が100万円を超える場合には、その超える部分については20・42%となります。そのため、すでに納めている所得税があるので、先ほど計算した1億3000万円からすでに納めている金額を差し引いて、不足分を3月15日までに納めることになります」

 お笑い芸人は、特に売れっ子であれば、節税のために『個人事務所』を設立し、事務所から支払われるギャラはそちらに振り込まれる形としている。松本人志も個人事務所を持っている。芸能人が個人事務所を持つことでできる節税はどのようなものか。

「報酬が個人会社に入っている場合は、松本さんのようなトップクラスの芸能人であれば節税対策はもちろん行っていると思います。ギャラの管理だけしている会社だとしても、会社は会社なので、身内を役員や従業員として雇用し、給料を支払うことで個人としてギャラを受け取るより、かなり節税することができます。

 さらに会社では社宅、社用車、支払保険料、接待交際費などさまざまな経費を計上することができます。中小法人の法定実効税率は34%前後ですので、個人の最大税率の約半分なので、節税効果は絶大ですよね」

 お笑い界のトップに君臨した、王の復権はあるのか─。

週刊女性2024/2/5
https://www.jprime.jp/articles/-/30804

【松本人志の活動休止による収入激減で巨額税金が浮上!専門家が解説する節税対策とは?】の続きを読む


ノブ(1979年〈昭和54年〉12月30日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・千鳥のツッコミ担当。岡山県後月郡芳井町(現・井原市)出身。相方は大悟。本名は早川 信行(はやかわ のぶゆき)。吉本興業所属。NSC大阪校21期、東京校4期と同期扱い。…
45キロバイト (6,192 語) - 2024年1月28日 (日) 08:13
「松本人志さんは本当に偉大な存在ですよね。彼の天才的な才能とひたむきな努力は、私たちの笑いを支えてくれています。いつも笑いを届ける「千鳥」のノブさんが、松本さんを神様と称える気持ちがよくわかります。彼はただのお笑い芸人ではなく、独特な存在感で多くの人々に感銘を与えています。」

1 Anonymous ★ :2024/02/09(金) 23:12:28.14 ID:LOgb1g719
https://news.yahoo.co.jp/articles/946003f78fe4ed3114145107cad1efc6807ba1b1

 活動休止中の「ダウンタウン」松本人志に代わって「千鳥」大悟がメインMCに就任したフジテレビ系「酒のツマミになる話」(金曜・後9時58分)のリニューアル初回が9日、放送された。

 今回から「人志松本の酒のツマミになる話」のタイトルから松本の名前が消え、完全リニューアルされた形となった。

 前回2日の放送回まで松本の座っていたセンター席に座った大悟は「酒のツマミになる話~!」と叫んで番組をスタートさせた。

 今回は松本が活動休止を発表した翌日の収録だったことがノブによって明かされた後、「昨日の(午後)7時くらいか、電話があって…」と明かし、まさに急きょ代役となったことを明かした大悟。

 最初に自ら話をする番になると「風が吹けば桶屋がもうかるみたいに、松本人志が(活動を)休止するとどうなる? それをはっきり決めてしまおう」と、お題を出した。

 これに対し、相方のノブは「これは、俺、1個あって」と話し出すと「松本人志さんって神様であり、なんだったら、スティーブ・ジョブズみたいな存在なのよ。何かもう、アイフォーンごと作った人みたいな」と続けた。

 その上で「そんな人が休むとなった時にお笑い界の常識とかが全部、グルンと変わって、くまだまさしが天下を取る」とオチをつけた。

 この熱弁に大悟は「ノブが何か熱くなって語ってくれたけど、わしがしようとしていたのは、もっとポップな(話)」と言って、笑わせていた。

【松本人志の休止発表に衝撃!その理由とは?】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
119キロバイト (16,066 語) - 2024年2月8日 (木) 22:16
「細野敦弁護士の発言によると、訴状が未送達であった場合には、訴えの取り下げも考えられるようですね。松本人志自身の意向も大きく影響するでしょうが、今後の動きに注目です。」

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/11(日) 11:08:19.70 ID:tk/uJXC+9
2024年2月11日10時41分

元東京高裁の判事で弁護士の細野敦氏(59)が11日、TBS系「サンデージャポン」(日曜午前9時54分)に生出演。2015年の性的行為強要疑惑を報じられ、週刊文春を提訴したダウンタウン松本人志(60)について言及した。

番組の取材によると、現時点で週刊文春には松本からの訴状は届いていないという。細野氏は「松本さん側の弁護士が提訴したのが1月22日。何の問題がなければ、2月上旬が過ぎたわけですから訴状が届いてもおかしくはない。訴状が届いてないとして考えられるのは、訴状の記載に関して、裁判所と松本さんの代理人の間でやりとりが行われている」と語った。

具体的には「内容ですね。こういう内容を追加してください、訂正した書面を出してくださいと。裁判所と代理人の間でやりとりがされていて、まだ送達がされていない段階」だという。

さらに「内容的に考えられるのは、松本さんの損害額が5億5000万ということで、5億は実際の損害だったと思うんですけど、慰謝料だけなら問題ないんですけど、これから松本さんが仕事をするうえで失う収入分、ということだと、その計算はどうなってるんですかっていう内訳を確認して書類で出してくださいってやってる可能性もあります」と語った。

続けて「ないと思いますけど、松本さんが訴えを取り下げたとすると、裁判所も公表しない、松本さんも公表しないと。その可能性がないわけじゃない」と補足した。

報道をめぐっては、先月8日に吉本が「さまざまな記事と対峙(たいじ)して、裁判に注力したい」という松本の意向を受けて、松本の活動休止を発表していた。今後の裁判について代理人は「記事に記載されているような性的行為やそれらを強要した事実はなく、およそ『性加害』に該当するような事実はないということを明確に主張し立証してまいりたいと考えております」とした。

一方、文春側は同社サイトで「週刊文春」編集部のコメントを発表。「一連の記事には十分に自信を持っています。現在も新たな告発者の方々のお話をうかがい、慎重に裏付け取材をしております。提訴によって委縮することなく、今後も報じるべき事柄があれば、これまで通り報じてまいります」としている。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202402110000307.html

【週刊文春、松本人志訴状の未受理に疑惑が浮上―訴えの行方に注目が集まる】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
119キロバイト (16,060 語) - 2024年2月5日 (月) 12:20

(出典 bunshun.ismcdn.jp)


松本人志さんが「SEX上納システムはある」と発言しているようですが、これは一体どのような意味なのでしょうか?明確な証言がない限り、ただの憶測や中傷としか言いようがありません。

1 愛の戦士 ★ :2024/02/07(水) 21:47:52.25 ID:nJauHwcj9
文春オンライン 2/7(水) 12:12

松本人志 ©文藝春秋
〈松本人志「週刊文春」に10人目の証言者 マッサージ店勤務のI子さんが告発「あの日、松本さんから“被害”を受けました」〉 から続く

 昨年末から「 週刊文春 」が報じてきた松本人志(60)の問題。ここにきて松本に女性をアテンドした後輩芸人が「*上納システムはなかった」「単なる飲み会」などと主張している。そうした芸人たちの主張に対して、複数の告発女性が改めて反論の声をあげた。

「週刊文春」(昨年12月27日発売号) に掲載された第1弾「松本人志と恐怖の一夜『俺の子ども産めや!』」と題する記事では、お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬に女性を集めさせ、グランドハイアット東京のスイートルームで飲み会を開催、参加者のA子さんと2人きりになった松本が「俺の子ども産めや!」と性行為を迫った様子を詳細に報じた。また、同時期に松本から性的行為を強いられたB子さんの証言も掲載している。

 さらには東京だけでなく、 大阪、福岡、沖縄などで行なわれてきた性接待を含む飲み会 について、多くの女性たちの証言を紹介してきた。

後輩芸人が歩調を合わせるかのように主張
 そんななか、1月31日のラジオ番組で口を開いた芸人のたむらけんじは、ザ・リッツ・カールトン大阪での部屋飲みの事実を認める一方で、次のように語った。

「性接待、*上納システム。こういうのを目的とした飲み会では絶対にないです」

 同日、歩調を合わせるかのように、お笑いコンビ「クロスバー直撃」の渡邊センスはXにこう綴った。

〈そして週刊誌の方へ。「*上納システム」という言葉は訂正してください。女性に対して暴言すぎます〉

 こうした後輩芸人の主張に対し、前出のA子さんはじめ告発女性が改めて「週刊文春」の取材に声を上げたのだった。

 2月7日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および、8日(木)発売の「週刊文春」では、告発女性たちによる反論を掲載。また大阪在住の女性による「たむけんタイムはありました」との証言や、11人目となる新証言、西麻布でのコスプレ懇願事件などについても詳報する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2024年2月15日号

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/bd2ffb1cf76db76350f9d87173fcd10447f12f28&preview=auto

【松本人志の発言に対する告発女性たちの猛反論。明かす証言とは?】の続きを読む

このページのトップヘ