ダウンタウン


』(日本テレビ)での役名が本名の姓と同じ「伊藤」であることに運命を覚え、21歳の誕生日を迎えた2018年6月30日付で「今日から俺は、伊藤健太郎として邁進していきます」と、芸名をフルネームに改名することを発表した。苗字は幾つか候補があり、学生時代でのバスケットボールへの没頭や、漫画『SLAM DUNK』の登場人物流川楓から流川健太郎への改名も検討した。…
48キロバイト (6,104 語) - 2024年2月7日 (水) 08:19
「不祥事芸能人が出演する番組というのは、視聴者にとっては一種のスキャンダルや話題性があるため、注目を集めるのは当然かもしれませんね。でもそれだけが番組の魅力というわけではないかもしれません。」

1 冬月記者 ★ :2024/02/11(日) 14:19:03.17 ID:WecYXZET9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/f015dcff5e0c1308dcca4a9fdd9c4cf34e748af4

渡部に東出、伊藤健太郎…不祥事芸能人が続々出演「元テレ東Pの過激番組」大ヒットの理由と意外な課題


 捨てる神あれば拾う神あり。『ダウンタウン』の松本人志ですら性加害報道で居場所を失いかねない芸能界で、不祥事を起こした者たちに救いの手を差し伸べているのがテレビプロデューサーの佐久間宣行氏(48)だ。

 テレビ東京で『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』などの人気番組を手掛けた佐久間氏は’21年3月に退社し、独立してからYouTubeや動画配信サービスを舞台に斬新な企画を発信。

 Netflixではドラマと即興トークを掛け合わせた『トークサバイバー!』を大ヒットさせ、’23年10月に配信が始まったシーズン2は『アンジャッシュ』の渡部建を起用する秘策で視聴者を驚かせた。

「『俺の不倫騒動で文春は4億を稼いだらしい』など、自虐トークを解禁した渡部は最終ステージまで生き残る快進撃を見せました。捨て身のネタで芸人としての底力を見せ、今でもキリヌキ動画がSNSでバズっている状況です。

 同番組には渡部と同じくゲス不倫で干されていた俳優の東出昌大もドラマパートのキーマン役で出演しており、不祥事で失墜した実力者に光を当てる佐久間さんの手腕が業界内で絶賛されています」(エンタメ情報誌ライター)


◆伊藤が再ブレイクできないワケ

 ’24年は誰が再起のチャンスを掴むのか? 佐久間氏プロデュースの最新コンテンツ『インシデンツ2』(DMM TV)には、人気芸人に混ざって、今回も意外な人物がキャストに名を連ねている。

「もともと佐久間さんが重宝していた『さらば青春の光』の2人をメインに据えたコント番組ですが、シーズン1から俳優の伊藤健太郎が出演しているんですよ。しかも冒頭から“シ○ブ”という隠語を連発して、芸人たちが下ネタを披露する過激なコントにも溶け込んでいた。続編の『インシデンツ2』にも起用されており、すっかり佐久間ファミリーの一員になっています」(芸能記者)

 伊藤はドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)やNHKの朝ドラ『スカーレット』で脚光を浴びるも、’20年10月にひき逃げ容疑で逮捕されてから地上波のテレビでは見かけなくなっていた存在。謹慎前から演技力には定評があり、近年は映画や舞台を中心に活動していた。

 このままヒットメーカーの佐久間氏に重宝されれば再ブレイクは確実にも思えるが、そんなに甘くはない様子……。


別の芸能記者が語る。

「東出昌大はバラエティ番組で本来の人間性をさらけ出すことで新たな魅力を開花させつつありますが、伊藤の場合はそれができません。交通事故を起こし、その場から立ち去って逮捕されてしまっているので、悪いイメージを覆すのは至難の技です。開き直って自虐トークをするわけにもいかず、『インシデンツ2』の取材現場でも過去の事件は暗黙のタブーになっている。

コンプライアンスを気にしない“脱法コント”がテーマの番組ですし、他の芸人には過激な質問を投げられるのですが、伊藤だけはイジりにくい存在なんですよね。真面目な好青年なのでスタッフ受けは抜群ですが、世間の印象をガラッと変えるにはまだ時間がかかりそうです」

 まだ伊藤は26歳。地道に信頼を取り戻していけば、再び芸能界の第一線に返り咲く可能性はある。

 「間違いを*たことがある人間」だからこそ、今後は表現の幅を広げて唯一無二の俳優になれるかもしれない。とにかく他人の失敗に厳しい世の中では、地獄から這い上がって敗者復活のストーリーを見せてくれる存在も必要だ。

 ちなみに『インシデンツ2』には、新たなキャストとして吉本興業を退社して一匹狼となった加藤浩次や、不祥事コンビの『TKO』、そして前述の通り渡部建と東出昌大も参加している。芸能界のハグレモノたちが作り出す刺激的なコントは、同じような番組ばかりのテレビに飽きた視聴者から絶賛されているのだ。近いうちに、渦中の松本人志も佐久間ファミリーの門を叩くかも!?

【渡部に東出、伊藤健太郎が続々出演! 不祥事芸能人の過激番組登場に注目】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
119キロバイト (16,066 語) - 2024年2月13日 (火) 08:22
「松本人志さんの活動休止は、彼の収入に大きな影響を与えることは間違いありません。彼の報道によると、5億円以上の収入が減少する可能性がありますが、これは非常に巨額の金額です。税理士によると、松本さんは節税対策をしっかりと行っているはずであり、おそらくこの収入の減少に対応するための備えもしていると思われます。彼が個人事務所を持っていることも税金の行方に関しては重要な要素であり、彼がどのように節税を行っているのかは興味深いです。」

1 征夷大将軍 ★ :2024/02/05(月) 22:57:37.40 ID:VrBsdnJT9.net
お笑い界の王が、長きにわたって主戦場としていたテレビから消えた。『ダウンタウン』の松本人志。'23年末から“告発者”が絶えず今にまで続いている、王が行ってきたという性加害疑惑。


 一連の報道を受け、松本は1月8日に活動休止を発表。収録済みの番組はその後もしばらく放送されたが、現在では松本の姿はほぼ芸能界から消えた。

「松本さんは名誉毀損で提訴したことを明らかにしていますが、証拠の有無など、裁判は年単位の時間がかかる。その間、松本さんのテレビの仕事はほぼないでしょう。ネットなどで何らかの活動をする可能性はありますが、これまでのテレビ出演で得ていたギャラは今年から数年ゼロといっていい」(芸能プロ関係者)

 活動休止前、松本のレギュラー番組は、コンビで週3本。単独で週4本あった。

「松本さんのギャラは1本200万円程度。レギュラー以外の特番にも多く出演しており、もろもろ含め、吉本の取り分を引いても年収は5億円を下らないでしょう」(同・前)

 '23年に得た多額のギャラにかかる税金は今年、納めなければならない。収入激減のなか、松本が今年支払う金額は……。

「所得税の最高税率は45%、住民税の税率は一律10%です。松本さんのようなトップクラスの芸能人は課税所得金額の半分以上を税金として徴収されています。仮に青色申告者で収入5億円、経費2億円として所得3億円として所得税を計算すると、所得税は約1億3000万円、住民税は約3000万円になります」

 そう話すのは、『税理士法人松本』所属の税理士・石原俊嗣氏。

「特に住民税は1年遅れで課税されるため、活動を休止するような場合は、その年の収入以上の住民税を払わなければならなくなることもあります。貯金を取り崩して払う人も多く、気持ちとしては大きな負担になるでしょう」(石原氏、以下同)

 今回、試算したのは社会保険料や生命保険料控除などを考慮していない場合の税額。

「基本的に出演料などの報酬が支払われるときには、源泉所得税が差し引かれています。芸能人への出演料などは所得税法204条に源泉徴収税額の徴収金額が定められており、報酬から徴収される源泉徴収税額は報酬の10・21%です。

 ちなみに1回に支払われる金額が100万円を超える場合には、その超える部分については20・42%となります。そのため、すでに納めている所得税があるので、先ほど計算した1億3000万円からすでに納めている金額を差し引いて、不足分を3月15日までに納めることになります」

 お笑い芸人は、特に売れっ子であれば、節税のために『個人事務所』を設立し、事務所から支払われるギャラはそちらに振り込まれる形としている。松本人志も個人事務所を持っている。芸能人が個人事務所を持つことでできる節税はどのようなものか。

「報酬が個人会社に入っている場合は、松本さんのようなトップクラスの芸能人であれば節税対策はもちろん行っていると思います。ギャラの管理だけしている会社だとしても、会社は会社なので、身内を役員や従業員として雇用し、給料を支払うことで個人としてギャラを受け取るより、かなり節税することができます。

 さらに会社では社宅、社用車、支払保険料、接待交際費などさまざまな経費を計上することができます。中小法人の法定実効税率は34%前後ですので、個人の最大税率の約半分なので、節税効果は絶大ですよね」

 お笑い界のトップに君臨した、王の復権はあるのか─。

週刊女性2024/2/5
https://www.jprime.jp/articles/-/30804

【松本人志の活動休止による収入激減で巨額税金が浮上!専門家が解説する節税対策とは?】の続きを読む


ノブ(1979年〈昭和54年〉12月30日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・千鳥のツッコミ担当。岡山県後月郡芳井町(現・井原市)出身。相方は大悟。本名は早川 信行(はやかわ のぶゆき)。吉本興業所属。NSC大阪校21期、東京校4期と同期扱い。…
45キロバイト (6,192 語) - 2024年1月28日 (日) 08:13
「松本人志さんは本当に偉大な存在ですよね。彼の天才的な才能とひたむきな努力は、私たちの笑いを支えてくれています。いつも笑いを届ける「千鳥」のノブさんが、松本さんを神様と称える気持ちがよくわかります。彼はただのお笑い芸人ではなく、独特な存在感で多くの人々に感銘を与えています。」

1 Anonymous ★ :2024/02/09(金) 23:12:28.14 ID:LOgb1g719
https://news.yahoo.co.jp/articles/946003f78fe4ed3114145107cad1efc6807ba1b1

 活動休止中の「ダウンタウン」松本人志に代わって「千鳥」大悟がメインMCに就任したフジテレビ系「酒のツマミになる話」(金曜・後9時58分)のリニューアル初回が9日、放送された。

 今回から「人志松本の酒のツマミになる話」のタイトルから松本の名前が消え、完全リニューアルされた形となった。

 前回2日の放送回まで松本の座っていたセンター席に座った大悟は「酒のツマミになる話~!」と叫んで番組をスタートさせた。

 今回は松本が活動休止を発表した翌日の収録だったことがノブによって明かされた後、「昨日の(午後)7時くらいか、電話があって…」と明かし、まさに急きょ代役となったことを明かした大悟。

 最初に自ら話をする番になると「風が吹けば桶屋がもうかるみたいに、松本人志が(活動を)休止するとどうなる? それをはっきり決めてしまおう」と、お題を出した。

 これに対し、相方のノブは「これは、俺、1個あって」と話し出すと「松本人志さんって神様であり、なんだったら、スティーブ・ジョブズみたいな存在なのよ。何かもう、アイフォーンごと作った人みたいな」と続けた。

 その上で「そんな人が休むとなった時にお笑い界の常識とかが全部、グルンと変わって、くまだまさしが天下を取る」とオチをつけた。

 この熱弁に大悟は「ノブが何か熱くなって語ってくれたけど、わしがしようとしていたのは、もっとポップな(話)」と言って、笑わせていた。

【松本人志の休止発表に衝撃!その理由とは?】の続きを読む


大阪府(おおさかふ)は、日本の近畿地方に位置する。府庁所在地は大阪市。 大阪は悠久の歴史に彩られた街として、古墳時代(難波時代)より都心(上町、安土桃山期以降は船場)を中心に繁栄し続けてきた。「大阪府」は明治期に制定された比較的新しい行政区域であり、実際の都市域とは乖離がある。そのため、大阪
125キロバイト (14,382 語) - 2024年2月5日 (月) 14:31
「ツッコミがキツくて笑ってしまいました!でも、もう少し優しい言い方でも十分に面白さは伝わると思いますよ。もう少し配慮してほしいです。」

1 おっさん友の会 ★ :2024/02/09(金) 15:00:40.66 ID:Wr5bYIAo9
昨年末、ダウンタウンの松本人志に関する週刊文春の報道が出て以降、少し懐かしい動画や画像が、SNS上でしばしば拡散された。

 '90年代の人気番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系列)の一部を切り出した動画や画像である。よく知られるように『ごっつ』は、ダウンタウンを筆頭に芸人やタレントがコントを披露し、爆発的な人気を誇った番組だ。

今回出回った「切り抜き」でとくに注目を集めたのが、当時まだ駆け出しだった女優の篠原涼子が、松本にどつかれたり、股間を触られたりするシーンだ。いまでは考えにくい演出に、批判的な反応が寄せられたのである。

「それは『大阪の笑いは乱暴なんじゃないか』といった反応です。ダウンタウンのお二人は兵庫県尼崎市の出身ですし、もちろん大阪の芸人が全員乱暴だなんてこともない。でも、今回の件で大阪の『イメージ』が悪くなっている感は否めません」

大阪人にとってはとんだとばっちりだが、その一方で、多くの人が、大阪といえば「オモロイ」というイメージに加えて、「ツッコミがキツい」「ズケズケした物言いが下品」といったイメージを抱くのもたしかだろう。

セクハラやパワハラ、暴力、あるいは「強い物言い」に社会が敏感になるなかで、「大阪的なコミュニケーション」が世間の空気とズレて感じられ、「大阪ぎらい」とでも呼ぶべき雰囲気が広がっているのかもしれない。

それにしても、なぜ大阪はこれほどまでに「オモロイ」「ズケズケした物言い」といったイメージをまとうようになったのだろうか。そもそも本当に大阪の人は「オモロイ」のか。じつはそのイメージの裏に、大阪の複雑な表情が隠されている。

かつて大阪のコミュニケーションの特徴は「柔らかさ」だとされた。大阪の商売の中心である「船場」を舞台に小説を多数書いた作家の山崎豊子は、〈大阪弁は商業語、商人ことばとして驚くほど複雑豊富なニュアンスを持っている〉と書いた。「~やさかい~だす」「~でっしゃろ」といった柔らかく曖昧な言い回しで相手を立てつつ、最後は自分が利を得るような巧みな物言いを、大阪弁の特徴と評したのだ。

続きはYahooニュース 現代ビジネス 2024/02/09
https://news.yahoo.co.jp/articles/c54cfdb586754b30b44c96ef3f174f805390d475

★1 2024/02/09(金) 10:47:35.55
※前スレ
「物言いが下品」「ツッコミがキツい」「乱暴」日本に"大阪ぎらい"の空気が広がっている? ★2 [おっさん友の会★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1707453257/

【「挑発的一言満載!日本における“下品ブログ”の実態とは?」】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督、作家。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。 兵庫県尼崎市出身。吉本興業(東京本部)所属。愛称は「松ちゃん」(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。20…
119キロバイト (16,060 語) - 2024年2月5日 (月) 12:20
松本人志の“馬乗り写真”報道について、女性たちが性被害を訴えていないという事実が明らかにされています。では、報道をする目的は何なのでしょうか?この報道は、松本人志の公的イメージやファンからの支持に影響を与える可能性があり、それが報道の目的ではないかと考えられます。

1 muffin ★ :2024/02/06(火) 22:31:39.74 ID:BW65YAYV9
https://hochi.news/articles/20240206-OHT1T51104.html?page=1
2024年2月6日 16時40分スポーツ報知

6日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では、性的強要疑惑が報じられている「ダウンタウン」松本人志を“アテンド”したと報道された後輩芸人の反論を特集した。

先週発売された写真週刊誌「FRIDAY」では、大阪の高級ホテルで行われた松本参加の飲み会に、お笑いコンビ「クロスバー直撃」の渡邊センスが2人の女性をアテンドしたという内容を報じた。渡邊は5日に自身のユーチューブチャンネルを更新し、飲み会自体は認めたものの、記事の内容については当該女性と交わしたLINEを見せながら事実と異なる点があると語った。

中略

続けて「FRIDAY」の内容をパネルにして紹介。渡邊はA子さんとB子さんと居酒屋で合流し、その際に渡邊がB子さんに対して性行為が可能かを念入りに確認したと報じた。その後、大阪市内の高級ホテルのスイートルームでの飲み会に合流。宮根アナは「ホテルに行く前に居酒屋に合流して、初対面だと思いますがB子さんに確認したと」と流れを確認。ホテルでは松本とB子さんが寝室に移動。A子さんはタクシーで帰宅させられたが、1時間後にホテルに呼び出され、松本とA子さん、B子さんの3人で飲み直したという。そこで撮影されたとされている、B子さんが松本の上にまたがる写真が掲載された。「女性2人は始発で帰宅し、性被害は訴えていない」と番組は説明した。

渡邊の主張内容を箇条書きにして紹介。「居酒屋で合流しておらず、B子さんに性的な行為が可能か確認していない」「飲み会解散後、A子さんは渡邊センスの家にいた→再び飲み会に参加するのは不可能」「写真は誰が撮影したのか分からない」と発言をまとめた。

宮根アナは「全く事実が双方違うわけですね。これはどういう…」と、弁護士でコメンテーター野村修也氏に話を振った。野村氏は「女性たちは性被害を訴えていないんですよね。そういう事実について、何の目的で報道してるのかというのも、一つあると思うんですよ。名誉毀損にならないかどうかの時に、一番最初に公益性とか公共性という概念があってですね、それを報じること自体が世の中のために何か問題を提起していくことが、公益にかなうっていうことが基本必要なわけですけれども。そうじゃなければですね、ただ単に人がやった行為を説明しているだけの記事だとすれば、それは間違いがあるとかなり名誉毀損になる危険性が高い記事だという気はします」と述べた。

★1:2024/02/06(火) 20:53:03.37
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707220383/

【松本人志の“馬乗り写真”報道について、弁護士が疑問を投げかける】の続きを読む

このページのトップヘ