マンガ


『炎の闘球児 ドッジ弾平』(ほのおのとうきゅうじ ドッジだんぺい)は、こしたてつひろによるスーパードッジボールを題材にした漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメ、コンピュータゲームである。 『月刊コロコロコミック』(本編)と『別冊コロコロコミック』『小学四年生』(いずれも小学館)誌上において…
52キロバイト (6,308 語) - 2022年11月28日 (月) 06:20

小学生の頃好きで読んでた懐かしい!

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/28(月) 13:14:52.23ID:97qG4OJq9
11/28(月) 12:45配!
KAI-YOU.net

ドッジボールブーム生んだ漫画『ドッジ弾平』に続編 娘が奮闘する物語が「コロコロ」で連載開始

伝説のドッジボール漫画奇跡の復活!!──その謳い文句に偽りなし。漫画家・こしたてつひろさんの新連載『炎の闘球女 ドッジ弾子』が、小学館の漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」でスタートした。

主人公は弾平の娘・弾子。すでに気づいた人も多いかもしれないが、1980年代~1990年代にかけて『月刊コロコロコミック』で連載されたスーパードッジボール漫画『炎の闘球児 ドッジ弾平』の続編だ。

以下、『炎の闘球女 ドッジ弾子』第1話のネタバレに触れるため、避けたい人は漫画を先に読むことをオススメする。
一族の墓を前にする弾子、炎の闘球女が躍動

11月28日に更新された第1話の冒頭、父・弾平と祖父・弾十郎の墓と向かい合う主人公・一撃弾子が登場。朝の挨拶とばかりに、巨大な墓石にドッジボールを投げつけ、『ドッジ弾平』のワンシーンを彷彿とさせる。

作中には、弾平の親友で僧侶となった珍年や、その娘で弾子の友人である珍子、さらには弾平の超巨大な墓を立てた人物として、弾平最大のライバルだった二階堂大河の名前も登場する。

『炎の闘球女 ドッジ弾子』の第1話では、弾子と珍子が通う小学校を舞台に、生徒たちが体育の時間にドッジボールを行うエピソードが描かれる。

もはや小学生レベルではない弾子は、安全第一の授業に納得できず、巨大な鉄球でボールを受ける特訓やウンチボールを使ったトレーニングなど、いい意味で時代錯誤かつコロコロならではの練習法を提案していく。

『炎の闘球児 ドッジ弾平』のキャラクターたちの今後の登場はあるのか。弾平と弾子とのエピソードは明かされるのか。気になることばかりの『炎の闘球女 ドッジ弾子』は、毎週月曜に更新される。
一世を風靡したドッジボール漫画『炎の闘球児 ドッジ弾平』

『炎の闘球女 ドッジ弾子』から見て前日譚にあたる『炎の闘球児 ドッジ弾平』は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で知られるこしたてつひろさんが、1989年から1995年まで『月刊コロコロコミック』で連載した熱血ドッジボール漫画。

ドッジボールをベースに競技性を高めたスポーツ・スーパードッジボールを題材に、主人公の小学生・一撃弾平が、“闘球”を通じて二階堂大河などのライバルと出会い成長していく物語だ。

『ドッジ弾子』の冒頭、墓石にボールを投げるシーンは、『ドッジ弾平』でもお馴染みであり、弾平も亡き父の墓石にボールを投げるのが日課だった。

1991年にはTVアニメ化され、小学生を中心にドッジボールブームを巻き起こした。なお、漫画配信サイト「週刊コロコロコミック」では、『炎の闘球児 ドッジ弾平』も毎週月曜日に配信されている。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/73f20b562527b9749c765e207a5da6f17ce5499a

1話試し読み
https://www.corocoro.jp/episode/316190246973711126

【『ドッジ弾平』に続編!?ドッジボールやる際、マンガの技真似しようとしたヤツいたな〜】の続きを読む


よっぽど医者嫌いだったんだろうけど失わずに済んだ命かもしれないのに。


1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/22(火) 10:41:17.08ID:qR6qzSJl9
11/22(火) 10:18配信
スポニチアネックス

漫画家・ウエノ直哉さん自宅で死去 直前に体重20キロ激減…SNSで「吐き気が酷い」「死にます助けて」

 漫画家のウエノ直哉さんが今年9月25日、自宅で死去したと三和出版「コミックマショウ編集部」公式が発表した。

 同編集部は21日、公式サイトで「弊誌にて執筆中のウエノ直哉先生がご逝去されました。編集部一同、謹んでご冥福をお祈りいたします」と訃報を伝えた。今年9月25日、自宅で倒れているところを発見したがすでに亡くなっていたという。「読者の皆様のこれまでのご愛顧に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

 ウエノ氏は8月、自身のツイッターに「いやぁ夏バテと断酒が相まってこの2カ月半で約20kgも体重落ちたのはいいんだけど脂肪と一緒に筋肉も落ちちゃってメチャクチャ疲れ易い身体になっちまったよ…。ちょっとの買い出しでヘロヘロ。まるで半病人だ」と体重が激減したことを投稿。その後も「夏バテで脂肪と筋肉が落ちたせいで尻周りの造形が完全におじいちゃんのソレになっちゃった…コレはやばいぞ」「体調とメンタルが変な具合に結びついちゃってちょっと気が変になりそう。どうすりゃいいんだろこれ」「しばらく具合が悪い日々を過ごすと今現在の自分が具合がいいか悪いか判別つかない感じになるなぁ。何だかなぁ」「今日はもう寝ます。体ガタガタ 吐き気が酷い」「食事がめんどくさいとか胃腸が優れない人向けに点滴食事セットとかお手軽に売られる未来はないんだろうか。静脈注射必須だから不可能か」と体調不良をつづり、亡くなる直前の9月3日には「死にます助けて。」と訴えていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e0d87f6597761cd1884ea16eee56cb81435710ce

【【訃報】漫画家・ウエノ直哉さん自宅で死去いきなり20キロも痩せてしまっても病院行かなかったのかな… 急な体重減とフラつきは何かの病気だったと思う】の続きを読む


柴田 亜美(しばた あみ、1967年5月24日 - )は、日本の女性漫画家である。 1967年、長崎県生まれ。長崎大学教育学部附属小学校、長崎大学教育学部附属中学校、長崎県立長崎西高等学校、武蔵野美術大学短期大学美術科専攻科を卒業。 1990年、会社員時代に参加したエニックス(当時。現・スクウェア…
45キロバイト (6,882 語) - 2022年9月18日 (日) 07:09

(出典 柴田亜美、ペット事情エッセイ「ほごけん」発売でサイン会 - コミック ...)



1 muffin ★ :2022/09/18(日) 16:43:03.96 ID:CAP_USER9.net
https://bunshun.jp/articles/-/57146

 漫画家生活30年を超える柴田亜美さん。1991年に発表したプロデビュー作『南国少年パプワくん』で一世を風靡したのち、少年漫画、ギャグ漫画、エッセイ漫画などジャンルを問わず、多くの傑作を生み出した。 

 そんな柴田さんがTwitterに「常軌を逸した多忙ぶり」を紹介する4コマを投稿した途端、ネットは激震。毎月の執筆ページは、なんと150ページ近く。90年代を代表する超人気漫画家の生活とはどんなものだったのか? 柴田さんに振り返ってもらった。

――1991年に「月刊少年ガンガン」創刊号で漫画家デビュー。いちばん忙しかったのはいつ頃ですか?

柴田亜美さん(以下、柴田) デビュー翌年に『パプワくん』がアニメ化されて、その数年後には「月刊少年ジャンプ」や「週刊ファミ通」での連載が始まって……。漫画家生活2~3年目で、もう地獄でしたね。

中略

――バブル崩壊後の90年代に「出版バブル時代」が到来します。

柴田 90年代って、少年漫画は『SLAM DUNK』や『幽☆遊☆白書』、少女漫画なら『美少女戦士セーラームーン』とか、ヒット作が連発でしょう。当時のジャンプが600万部の時代ですから。

 私もあっという間に連載が増えて、パプワくんの2話目を描いた後に、会社を辞めました。あの頃、キツかったのは『自由人HERO』を連載していた「月刊ジャンプ」のネーム直し。何度、編集をぶん殴りたいと思ったことか(笑)。とはいえ、アシスタント経験もない自分に漫画のイロハを叩き込んでくれたわけですから、集英社には足を向けて寝られません。

――慣れない漫画家生活はどうでしたか?

柴田 デビュー当時はアシスタントさんもいなかったから、1人で高円寺のアパートにこもりっきり。ものすごい孤独感で、精神的に追い詰められるし、やっぱりちょっとおかしくなりました。何度も発狂しそうになりましたね。

――食事はどうしていましたか?

柴田 出来合いのものを買ったり、近所のデリバリーを頼んだり。あるいは、食べない。あまりの忙しさで食べる余裕がないときも多くて……。そういうときは栄養ドリンクを浴びるように飲んで、最終的には男性向けの強壮ドリンクにも手を出していましたね。 ところが、ある日、医者をやっていた父が冷蔵庫の中を見て、「これは興奮剤だから絶対に飲んだらダメだ!」とかなんとか言って、全部捨てられたんです。
中略

――休みは年間で何日ぐらいありましたか?

柴田 いちばん酷いときは……ゼロですね。休みどころか、睡眠時間も人生で普通の人の3分の1以下しか取れていない気がする。「36時間起きて、4時間寝る」というような生活でした。

中略

柴田 当時、まわりにカラダを壊す同業者が続出して、冗談抜きで「死にたくない!」と思ったからです。ずっとまわりにいる人間がみんな不健康だったから、変な状況に慣れてしまったのよね。だって「30時間寝てない」とか、当時は当たり前の会話でしたから。

 当然、早くに亡くなる漫画家の知らせも続いて……。このままだと自分もヤバいと思って、44歳でジムに通い始めました。そこでカラダの歪みや筋肉量を細かく測定してもらったら、トレーナーから「このままだと50歳で寝たきりですよ」と言われて。

全文はソースをご覧ください


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 i.imgur.com)

【パプワくん作者、柴田亜美先生。無理して人間的生活ができないペースを求めてはだめですね。】の続きを読む


NANA』(ナナ)は、矢沢あいによる日本の漫画。また、原作を基にする関連作品群(映画・アニメ・CD作品など)。漫画は『Cookie』(集英社)にて2000年7月号から連載されていたが、2009年8月号から作者療養のため休載している。 2005年9月3日に1作目の映画『NANA
47キロバイト (4,749 語) - 2022年6月20日 (月) 13:38

(出典 NANA-ナナ-14 : 矢沢あい | HMV&BOOKS online - VPBY-12599)



1 muffin ★ :2022/07/21(木) 21:30:01.35ID:CAP_USER9
https://news.ntv.co.jp/category/culture/0dded26f9d614e27bf7b53283b6507ff
2022年7月21日

漫画『NANA』や『天使なんかじゃない』など、数々の人気作を生み出した漫画家・矢沢あいさんを取材。2009年から『NANA』を休載中の矢沢さんが今回、自身初となる展覧会を開催するに至ったきっかけや、これまでの漫画家人生、さらには今後の作品作りについても明かしてくれました。

矢沢さんは、1985年『あの夏』で漫画家デビュー。以降、『天使なんかじゃない』『ご近所物語』『Paradise Kiss』などヒット作を次々に生み出しますが、2009年に連載中だった『NANA』の休載を発表。近年は、イラストの仕事を中心に活動しています。

20日からは、東京・新宿高島屋で矢沢さん初の展覧会『ALL TIME BEST 矢沢あい展』(~8月8日まで)が開催されています。今回、矢沢さんに取材を申し込むと、質問に対し書面で回答してくれました。

――今回、なぜ展覧会を行うことになったのでしょうか?

矢沢:集英社の担当編集さんからお話をいただきました。長期休載中にもかかわらず声をかけていただけて、感謝の思いでいっぱいです。不安もありましたが、再開を心待ちにして下さっている読者の方々に、少しでも楽しんでもらえる場が作れたら! と思い、開催を決意しました。

展覧会では、300点に及ぶ直筆原画やイラスト、初公開の関連資料などが展示されています。今回、展覧会の総監修を務めた矢沢さんに、“訪れた人に見て欲しいポイント”などを聞きました。

――矢沢さんが思う、展覧会の見どころは何ですか?  ぜひ見てほしいところなどはありますか?

矢沢:展示は主に「天使なんかじゃない」以降の作品ですが、読者のみなさんがそれぞれ懐かしい1枚に再会出来るように、出来るだけ沢山の原稿を飾らせていただきました。制作途中の下絵なども、少しですが残っていたものがあったので、完成原稿と並べて飾ってあります。漫画以外のお仕事で描いたイラストを展示するコーナーも作ったので、そのあたりは新鮮な気持ちで見ていただけるんじゃないかと思います。
中略

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします

矢沢:いつも応援ありがとうございます。今回の展覧会を開催出来たのも、作品を読み続けて下さった皆さんのおかげです。「NANA」の休載から長い年月が経ち、ご心配をおかけしたままで本当にごめんなさい。みなさんに楽しんでもらいたい一心で展覧会の準備に取り組みながら、以前より体力も取り戻せているように感じました。今後は体調管理しつつ、少しずつでもまた作品を描いていけたらと思っています。よろしくお願いいたします。

以上です。ありがとうございました。矢沢あい


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【【漫画】これほどこの言葉を聞ける日を待っていた!『NANA』休載から13年・・・漫画家・矢沢あいを取材良い作品を描けるように!】の続きを読む


本作は、「コボちゃん」こと田畑小穂とその周囲の人々の日常を描いた4コマ漫画である。 原則として登場人物は年を取らないが、結婚や新たな登場人物の登場が描かれたりする他、2010年には実穂の誕生を境に登場人物が歳を取るなどの変更が行われた。また、2011年4月6日掲載分よりコボ
70キロバイト (8,451 語) - 2022年6月13日 (月) 12:02

(出典 読売新聞朝刊の漫画 「連載40周年記念 コボちゃん展」 東京・大手町 ...)


またアニメになったら嬉しいです!

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/20(月) 08:14:34.56
2022-06-20 07:57

 読売新聞で連載中の4コマ漫画『コボちゃん』が、作者・植田まさし氏の発熱による体調不良で、しばらく休載することが発表された。

 きのう19日から休載しており、紙面では「連載漫画『コボちゃん』は、作者の植田まさしさんが発熱による体調不良のため、しばらく休載します」と報告。本日も同様に体調不良で休載したことを伝えている。

 ネット上では読者から「コボちゃん休載って初めてじゃ?」「体調不良のためコボちゃん、しばらく休載。心配だな…」「植田さん、大丈夫かな…?休載なんて今まであったかな」
「昨日今日とコボちゃん載ってないの初めてでは…?」「新聞なんか違和感あると思ったら、「コボちゃん」作者発熱の為休載。だった」などの声があがっている。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで


【漫画『コボちゃん』しばらく休載 読売新聞朝刊お疲れ様です!】の続きを読む

このページのトップヘ