ゲーム


なお『スーパーワギャンランド』や『ワギャンランド3』では鼻の部分にツノがなかったが、『スーパーワギャンランド2』ではワギャンワギャン2世同様、鼻にツノがある。 ワギャランワギャンの兄) 『ワギャンランド』、『スーパーワギャンランド』に登場。ワギャンの兄であり、ワギャン2世の伯父でもある。『ワギャンランド
84キロバイト (13,650 語) - 2024年1月16日 (火) 11:33

(出典 i.ytimg.com)


ワギャンランド、35周年おめでとう!私も子供の頃、このゲームに夢中になっていたんですよ。特に灯台が「うみのみちしるべ」で登場するとは驚きました。今でもボス戦のしりとりバトルは楽しすぎて笑いが止まりません!

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/02/09(金) 22:49:22.28 ID:liswkqbl9.net
『ワギャンランド』が35周年。灯台が「うみのみちしるべ」!? 絵の裏読みが熱いボス戦“しりとりバトル”で大いに笑った。エレメカがルーツのアクションゲーム【今日は何の日?】
by ウワーマン ライター
2024.02.09 00:00


(出典 www.famitsu.com)





ボス戦のミニゲームが楽しすぎる人気シリーズ

 1989年(平成元年)2月9日は、ファミリーコンピュータ用『ワギャンランド』が発売された日。本日で『ワギャンランド』シリーズが誕生してから35周年を迎えたことになる。

 『ワギャンランド』は、ナムコ(当時)から発売されたアクションゲーム。ゲームセンターで人気を博したエレメカ『ワギャン』のロボット風の怪獣キャラクター“ワギャン”を主人公にした作品となっている。

 檻に入れられたワギャンに向かって叫んで大声を計測し、その音量に応じたリアクションを楽しむというエレメカだったためか、『ワギャンランド』のワギャンは声による“音波砲”で攻撃していくところがおもしろい。

 当時からかなり斬新なアイデアだった“しりとり”を使ったボス戦はゲームファンから高い評価を受けており、2016年にはしりとり部分だけを抜き出したスマホ用アプリ『ワギャンのパネルしりとり』や『ワギャン しりとりで勝負だ!』が配信されたこともある。

https://www.famitsu.com/news/202402/09333754.html
続き

【「ワギャンランド」35周年記念!その魅力をたっぷり紹介します!】の続きを読む





(出典 楽天ブックス)


【ファイナルファンタジーVII リバースの特典と魅力を徹底解説!】の続きを読む





(出典 楽天ブックス)


【【攻略】不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録の攻略ポイントを紹介!】の続きを読む





(出典 楽天ブックス)


【PlayStation Portal リモートプレーヤーの魅力と活用方法】の続きを読む





(出典 楽天ブックス)


【PlayStation5を手に入れるための3つの方法】の続きを読む

このページのトップヘ