政治



1 muffin ★ :2022/05/05(木) 22:02:36.46

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb3509722ebed7c368ccca0535d7833ced7dd617
5/5(木) 21:52 オリコン

参議院議員でSPEEDの今井絵理子氏が5日、自身のツイッターを更新。鹿児島県・徳之島の闘牛祭りに参加した際、乗っていた牛から落下して骨盤骨折したことを明かした。

今井は「昨日、鹿児島県・徳之島の闘牛祭りに参加させていただきました。徳之島の伝統行事に触れることができ、また、皆さんの熱気にたくさんの元気をいただきました。インスタライブでご報告させていただきましたが、応援していた牛が勝利したので、牛の上に乗せていただいたところ、バランスを崩して落下してしまいました」と報告。

続けて「その後、立てなくなり、病院へ搬送され、、、骨盤骨折と判明。しばらくは安静、少なくとも1ヶ月は歩くことはできないとのことです。徳之島の皆さんにも心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。しばらくは車椅子の生活となりますが、私は元気です!! この度は徳之島にお招きいただき、本当にありがとうございました!」と呼びかけた。


(出典 pbs.twimg.com)


【落牛は気の毒だが政治に関する行動そのものになかなか理解が得られないのがこの人の現状だろう。やはりどうしても政治家に向いているとは思えない。】の続きを読む



1 ボラえもん ★ :2022/04/17(日) 11:34:36.24

 日本共産党の志位和夫委員長は14日、国会内で記者会見し、
「ウクライナ侵略に対する日本共産党の立場は科学的社会主義の立場からのものか」との問いに答えて、
かつてマルクス、エンゲルスが旧ロシア帝国の覇権主義とのたたかいを重視していたことを紹介するとともに、
今日のロシア・プーチン政権によるウクライナ侵略の一つの重大な要因が「ロシア覇権主義の歴史的な根深さ」にあることを強調しました。
そして、旧ソ連の覇権主義にも、ソ連崩壊後のロシア連邦による覇権主義にも、厳しい批判を貫いてきた日本共産党のたたかいは、科学的社会主義の立場に立ったものだと語りました。

 志位氏は、マルクス、エンゲルスがその生涯を通じて、19世紀の二つの覇権主義――帝政ロシアの膨張主義およびイギリス資本主義の植民地主義に対して一貫した告発とたたかいを続けてきたことに言及しました。

 その上で、マルクス、エンゲルスの発言を読み直してみて「ロシア覇権主義の歴史的根は本当に深刻で、ロシア帝国のツァーリズム以来のものだと痛感した」と強調。
旧ソ連は革命初期のレーニンが指導した一時期に民族自決権を宣言し、ポーランドやフィンランドなどが相次いで分離・独立したものの、
スターリンのもとで野蛮な形で覇権主義が復活し、バルト3国の併合、千島列島の占領、チェコスロバキア侵略、アフガニスタン侵略など覇権主義が繰り返されたことを示し、
「この歴史がプーチン大統領にも引き継がれている」と述べました。

 志位氏は「プーチン氏が、ロシア、ベラルーシ、ウクライナは同じ民族と語っているのは、(相手を)独立国家として認めない、まさに覇権主義だ」と強調。
プーチン氏をクリミア併合やウクライナ侵略の暴挙にかりたてた最大の要因の一つがロシア帝国以来の覇権主義にあると述べました。

 そのうえで志位氏は「日本共産党は旧ソ連時代の覇権主義、そしてソ連崩壊後にロシア連邦になって以降の覇権主義と正面からたたかってきた党だ。
これは帝政ロシアの覇権主義への厳しい批判をつらぬいたマルクス、エンゲルスの立場を引き継ぐものだ」と強調しました。
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-04-15/2022041501_04_0.html


【【共産】平和な日本でも警察官が拳銃所持している。共産党が警察の武装を認める事は矛盾だろう。犯罪者とは丸腰で話し合いで解決すべきと主張しなければ筋が通らない。】の続きを読む



1 蚤の市 ★ :2022/02/06(日) 07:43:17.01

 岸田文雄首相の記者会見が1カ月間途絶えている。新型コロナウイルスの感染拡大時に安倍晋三元首相と菅義偉前首相が頻繁に会見していたことを考えれば、過去最大の感染第6波が続く中でのこの空白は異例。「丁寧な説明」を誓った就任時の言葉に疑問符が付きかねない状況だ。
 松野博一官房長官は4日の記者会見で、首相会見の予定を問われ、「情報発信は首相だけでなく、閣僚からも適時適切になされている」と述べるにとどめた。
 首相の会見は1月4日に三重県伊勢市で行った恒例の「年頭記者会見」が最後だ。以来、国内では感染が急拡大。今月3日には1日当たりの新規感染者が10万人を初めて超えたが、首相は会見を開かなかった。感染拡大時には月に3~4回会見することもあった安倍、菅両氏とは対照的だ。
 首相が代わりに多用しているのが、官邸に出入りする際などに、立ち止まって記者団の質問に応じる「ぶら下がり取材」。今年に入って14回行っており、官邸は「ぶら下がりと記者会見は形態の違いはあるが、どちらも同じ目的を持ったもの」(磯崎仁彦官房副長官)と主張している。
 しかし、14回の半分以上は北朝鮮のミサイル発射などコロナ以外が主要テーマ。1時間を超えることもあった安倍、菅両氏の会見に対し、首相のぶら下がりは短ければ1分未満、長くても30分弱だ。国民に直接語りかける冒頭発言もないケースが多く、テレビ中継があるとも限らない。
 3日に「まん延防止等重点措置」の和歌山県適用を決めた際には、首相は全ての説明を担当閣僚に委ね、ぶら下がりにすら応じなかった。
 第6波は感染者数で1~5波をはるかに超えている。それでも重症化率が低いことなどから緊急事態宣言は発令されず、「会見を開けと言う理由が分からない」と首相サイドは強気だ。
 首相は昨年10月の就任会見で、コロナ対策を最優先課題に挙げ、「国民に納得感を持ってもらえる丁寧な説明を行う」と約束した。立憲民主党は「言葉通り国民の前でしっかり説明すべきだ」(幹部)と批判を強めており、週明けの衆院予算委員会で首相の説明責任をただす構えだ。
 政府コロナ対策分科会の尾身茂会長は4日の記者会見で「リーダーの中途半端ではない強いメッセージが今求められている。首相の口で分かりやすいメッセージを発してもらえるといい」と注文を付けた。

時事通信 2022年02月06日07時18分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020500336&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


【岸田首相、説明責任を果たすわけないでしょ?何もしない事に腹が立ってきました!】の続きを読む



1 夜のけいちゃん ★ :2022/01/31(月) 19:08:16.25

1/31(月) 13:38

立憲民主党の前副代表で元衆院議員の辻元清美氏(61)が31日、大阪府高槻市内で地元の支援者への報告会を行い、今夏の参院選に立憲民主党の比例代表として出馬することを表明した。「大阪を拠点にして全国を回り、全国のみなさんのご用聞きになり、日本中の『もう黙ってられへん』の声を集め、国政に届けたい」と決意を語った。新型コロナウイルス感染拡大のため、報告会はオンラインでも行われた。

【写真】支援者の報告会で参院選の出馬を表明した辻元清美氏

昨年の衆院選で大阪10区から出馬したが、日本維新の会の新人池下卓氏(46)に敗れ、落選。その後、地元高槻・島本の街を歩いて、「永田町を離れて、本当に困っている人の声が政治に届いていない。以前よりも切実に思うようになった」と決断の経緯を説明。その上で「『やっぱり、黙ってられへん』という思いが日に日に高まった」と語った。

出馬を決断した大きな理由として「自民党や公明党、日本維新の会が多数を取れば、小さな声、異論を切り捨てる政治になってしまうのではないか」とし、「参院選が日本の分かれ道になる。私はそれを阻止するために戦っていきたい」と意気込んだ。

報告会の途中には涙を見せる場面も。「もう1回やったらどうや」「あんた、負けてもへこたれてたらアカンで」「ここであきらめてたらアカンで」。支援者らからの激励の言葉を思い出しながら辻元氏は「本当にありがたい…。私にとってもきょうは大きな決断です」と涙を流した。

報告会後、党本部へ公認を申請するため、東京に向かった。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/fbd2d8fa75c285a0b7d7608ef33345693aa158cf

1の立った時間 1/31 15:03
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643616593/


【【参院】辻元清美氏コアな支持者は一定数いるのだと思います。 だからと言って当選するかどうかは別物です。】の続きを読む

このページのトップヘ