国際



攻撃対象としていないという言い訳はいくらでも出来てしまう。
スウェーデン王国 Konungariket Sverige 国の標語:För Sverige i tiden (スウェーデン語: スウェーデンのために、時代と共に) 国歌:Du gamla, du fria(スウェーデン語) 古き自由な北の国 スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語:…
130キロバイト (15,393 語) - 2022年12月23日 (金) 21:30

1 蚤の市 ★ :2023/01/17(火) 07:48:21.60ID:v8D7NFJh9
 【ストックホルムAFP時事】欧州連合(EU)議長国スウェーデンのクリステション首相は16日、ウクライナ東部ドニプロの集合住宅攻撃について「民間人への意図的な攻撃は戦争犯罪だ」とロシアを非難した。「ウクライナでは市民を狙った攻撃が続けられている。ドニプロのミサイル攻撃はその一つだ」と強調した。

時事通信 2023年01月17日00時26分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023011700009&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

【「民間人攻撃は戦争犯罪」この事態を、いったい一般のロシア国民はどう捉えてるのか?】の続きを読む


プーチン大統領代行に指名された。2000年のロシア大統領選挙を制して大統領に初当選。2004年には再選を果たした。当時の憲法上は大統領就任が連続2期までに制限されていたため、2008年から2012年にかけてはドミートリー・メドヴェージェフに大統領職を譲り、自身は首相を務めた。2012年の大統領
151キロバイト (20,464 語) - 2023年1月9日 (月) 00:08

1 クロケット ★ :2023/01/11(水) 10:29:02.13ID:f3oVgEUI9
独裁者プーチンは、本当に余命が危ぶまれるほどの「ガン」を患っているのか──。
そんな中、本連載コラムはブダノフ氏が公にした衝撃的な機密情報を裏づける、有力な事実をキャッチした。ロシア情勢に詳しい外交専門家が明*。

「実はロシアの医療当局が数年前から、先進国のガン専門医らへ極秘に接触を図り、研究段階レベルの治療法も含めた、
最新のガン治療法の提供を求めていた、という重大な事実が存在します。

場合によっては、ロシアにある先進各国の外交拠点を通じて、ガン専門医らへの接触が打診されることもあった。
表向きは『新たなガン治療法の確立のため』とされていますが、日本を含め、接触を打診されたガン専門医の多くは
『ガンを患っているとの情報が流れているプーチン大統領のための、極秘プロジェクトだと感じた』と証言しています」

しかも、ロシアの医療当局によるこの極秘プロジェクトは、現在も精力的に進められているというのだ。外交専門家が続ける。

「先進国のガン専門医らから提供された新たな治療法については、ロシア国内のガン専門病院で次々と臨床実験に移されているようです。
つい最近も、新たな治療法のひとつについて、ロシアの医療当局から『臨床実験で良好な治療成績が出た』との連絡が、
治療法を提供したガン専門医のもとにあったと聞いている。

さらに言えば、ロシアの医療当局がこのような極秘プロジェクトを、自らの判断で実施するはずはありません。
要するに、ガンを患っているプーチンの厳命によって医療当局が動いた、ということです」

ブダノフ氏が口にした衝撃的な極秘情報の裏には、このような事実の裏づけも存在していたのだ。情報の確度はさらに高まったと言っていいだろう。

https://www.asagei.com/excerpt/241877

【ウクライナ国防省 情報機関トップ】「プーチン氏はがんを患っている、死期は近いがその前に我々が勝利を収める」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1672887598/

【【激震スクープ】プーチン大統領は「がんを患っている…」ヤケにならない事を祈る・・・。】の続きを読む



権威あるとか、専門家とか何が正しいのかわかりませんね・・。
ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式や製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。…
287キロバイト (35,004 語) - 2022年12月10日 (土) 13:14

1 クロケット ★ :2023/01/04(水) 08:43:25.31ID:74qq7syw9
2023/1/4

ワクチン接種率が高い州ではコロナ死亡が減少 米国の研究


米国で新型コロナウイルスのワクチン接種率が高かった州では、低かった州に比べて
コロナによる死亡や超過死亡が少なく抑えられていたことが、米国の研究で分かりました。

米国では、デルタ株とオミクロン株の流行期に計37万298人が新型コロナウイルス感染症により死亡していました。
死亡率は10万人あたり111.6人で、デルタ株流行期間は10万人あたり60.9人、オミクロン株流行期間では10万人あたり50.6人でした。

米国内でワクチン接種率がトップ10に入った州の コロナによる死亡率は、10万人あたり74.7人で、下位10州 (10万人あたり146人)のほぼ半分でした。

米国のワクチン接種率の上位10州と同じ接種率が米国全土で実現していたなら、米国全体で12万2304人
(デルタ株流行期に10万8916人、オミクロン株流行期には1万3388人)が新型コロナウイルス感染症による死を免れたと推定されました。

https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/050800004/122600209/

ワクチン接種率が高かった上位10カ国と米国の新型コロナウイルス感染症死亡率

(出典 gooday.nikkei.co.jp)

【【米国のコロナワクチン接種】 ワクチンも効果ある場合も有るし効果が無くなるのも仕方ないです。まあコロナ関連の甚大な被害状況がわかるだろう。】の続きを読む


強盗殺人とか悪いことしたらそのくらいの刑を望む方も・・・。

私刑といえる。 中世以前のヨーロッパでは、フェーデやアハトのような私刑原理があり、合法であった。しかし1400年代になり公権力による刑罰権の回収が行われると私刑は違法になった。ドイツでは1495年、マクシミリアン1世による「ラント平和令」の制定によって一切の私刑が禁止された。…
12キロバイト (1,690 語) - 2022年12月17日 (土) 05:05

1 首都圏の虎 ★ :2022/12/31(土) 11:46:05.86ID:MO9CybuE9
【AFP=時事】メキシコ南部チアパス(Chiapas)州の先住民族コミュニティーで29日、自動車窃盗の疑いを掛けられた男性が生きたまま焼き*れたとみられる事件が発生した。同国では私刑が相次いでいる。

チアパス州の検察当局によると、事件が起きたのは先住民族ツォツィル(Tzotzil)人が暮らすサンティアゴエルピナール(Santiago El Pinar)。遺体で発見された男性は全身にひどいやけどを負っており、殺人事件として捜査しているという。

 同州では先週、5人の若者が自動車窃盗の疑いを掛けられ、バスケットゴールのリングに裸で数時間つるされたとされる事件が起きたばかり。

 非営利団体コモン・コーズ(Common Cause)によると、メキシコでは私刑が毎年数百件起きており、2021年には42人が死亡した。

 専門家はこうした事態について、犯罪がはびこっているにもかかわらず犯人が処罰されないとの認識が広がっていることが一因だと指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/d07a1965e06b1de0dad416781333dd64c3e6dbf4

【男性を生きたまま焼くくなんて・・・。 治安の悪さはハンパない!?私刑相次ぐメキシコ】の続きを読む


塩野義製薬株式会社(しおのぎせいやく、英語: SHIONOGI & CO., LTD.)は、大阪府大阪市中央区道修町に本社を置く、日本国内の大手製薬企業であり、処方箋医薬品と一般用医薬品を主とする製薬企業である。公式の社名略称としてシオノギ製薬、あるいはシオノギも用いられている。…
60キロバイト (8,815 語) - 2022年12月24日 (土) 09:18

大丈夫なのか? ちゃんと効く薬なのかな?

1 お断り ★ :2022/12/25(日) 09:48:38.33ID:A8LUuDDS9
塩野義、中国でコロナ飲み薬流通契約 海外販売で初

塩野義、中国製薬大手と提携 新型コロナ薬の現地流通で
塩野義製薬は23日、日本で緊急承認を取得した新型コロナウイルス治療薬で、中国での安定供給に向けて現地企業と提携したと発表した。
提携したのは中国の製薬大手、上海医薬の流通に特化した子会社。新型コロナ治療薬が中国で承認された場合、日本から輸出し、中国での卸販売を独占的に担ってもらう。
詳細はソース 2022/12/23
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF2385J0T21C22A2000000/

塩野義製薬は23日、同社が開発し、国産初となる新型コロナウイルス感染症の飲み薬として緊急承認された「ゾコーバ」について、中国での輸入・流通契約を現地企業と締結したと発表した。
ゾコーバについては、ほかに韓国、米国、欧州で申請を目指しているほか、低中所得国117カ国への供給体制も整えている。
詳細はソース 2022/12/23
https://www.sankei.com/article/20221223-MIDIKZDNQ5PXDNGFHGS54JXHGE/

【中国政府の決断が早い・・・。日本の塩野義製薬からコロナウイルス治療薬を契約】の続きを読む

このページのトップヘ