国内


小田原線(おだわらせん)は、東京都新宿区の新宿駅から神奈川県小田原市の小田原駅を結ぶ小田急電鉄(小田急)の鉄道路線である。 駅ナンバリングで使われる路線記号はOHで、番号は当路線の新宿駅から、直通運転している箱根登山鉄道線(箱根登山電車)、さらに箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイを経て、芦ノ湖
175キロバイト (22,290 語) - 2022年5月7日 (土) 11:45

1 孤高の旅人 ★ :2022/05/13(金) 23:20:16.49

だきゅうおだわらせん

https://transit.yahoo.co.jp/diainfo/109/0

[!]運転見合わせ
22:26頃、生田?新百合ケ丘駅間で発生した停電の影響で、現在も向ケ丘遊園?町田駅間の運転を見合わせています。運転区間の列車に遅れや運転変更が出ています。振替輸送を行っています。(5月13日 23時5分掲載)


【【小田急線も止まった!】停電の際、より早く復旧できる方を優先すべきだと思う。これが真夏だったらと思うとゾッとする。】の続きを読む



1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/09(月) 19:15:45.05

2022/05/09 14:40

 国際政治学者で慶応大教授の中山俊宏(なかやま・としひろ)さんが1日、くも膜下出血で死去した。55歳だった。葬儀は近親者で済ませた。

 東京都出身。アメリカ政治・外交が専門で、テレビ番組にも出演し、日本が取るべき対米外交政策を提言していた。

 著書に「アメリカン・イデオロギー」や「介入するアメリカ」がある。

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20220509-OYT1T50116/


【ついこの前日テレニュースで見たばかりなのに、これはびっくりして信じられない。 くも膜下出血と言うのはいろいろな段階があると思うが、一瞬にして命を奪う…やはり怖い病気だ。】の続きを読む


比村奇石さんのマンガ月曜日のたわわ』(『週刊ヤングマガジン』連載)の広告が2022年4月4日日本経済新聞朝刊に掲載されたことによる賛否がネットで渦巻く中、女優の裕木奈江さん(@nae_auth)がTwitterで以下のように言及して、波紋を広げていました。

ちなみに私は色々と30年間経験した後に、「現実社会で違法とされている事はエンタメでも基本表現を制限・禁止するべき」と思っています。

自由な娯楽を嗜むには一定以上の知性が必要で、そうでない人には自制が難しく作品に影響され自分勝手で感情的な行動をとりやすくなってしまう。

このツイートは削除されていますが、「それではどんな創作もできなくなってしまう」という趣旨の意見が続出していました。

裕木さんは、更に次のようにツイート


ニューヨークタイムズに未成年の身体をフェチ的にしつこくしつこく愛玩描写する娯楽作品の広告が出たら、普通に抗議デモや不買運動が起こりそう。

表現の自由は大事だけれど、お堅くあって欲しいブランドイメージの新聞でわざわざ見せなくてもって思うよね。


表現の自由」は政治や差別に対し「弱者が強者に異議を唱えても投獄や毒殺されないため」にとても大切なので、立場が上の人が卑俗に他者を表現していいとか、未成年の性商品化を守ってあげるためのものではなかった筈。

これには、「(広告を出稿する)場所をわきまえてほしい」という意見が上がっていた一方で、「表現の自由は誰もが持つ権利」「日本には日本人が決めたルールがある」「線引きは誰が決めるのか」といった批判や疑問が多数寄せられています。

日本国憲法において、「表現の自由」は第二十一条に以下のように定められています。

第二十一条

1、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2、検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

1970年まれの裕木さんは、映画『曖・昧・Me』(1990)で主演に抜擢され、『北の国から’92巣立ち』『ポケベルが鳴らなくて』などさまざまなドラマに出演して一世を風靡しました。『ウーマンドリーム』の挿入歌で秋元康氏作詞の「泣いてないってば」で本格的な歌手活動をスタートし、写真集ヒットするなどアイドル的人気を博しました。

2004年より一年間のギリシャへの留学を経て、2006年に映画『硫黄島からの手紙』に出演。現在はアメリカロサンゼルスに在住で、2017年にはドラマツイン・ピークス The Return』に内道役に脚本・監督のデヴィッド・リンチ氏から直接キャスティングされています。

2013年より続くブラックライヴズ・マター運動(BLM)や、非白人の役を白人が配役されることが「ホワイト・ウォッシュ」として人種問題化したことを間近で見ていたであろう裕木さん。現在の日本映画業界で渦巻くスキャンダルに対して思うところがあるのかもしれませんが、日本におけるエンタメファンの受容のあり方とは、ギャップがあることが示されたといえそうです。

※画像はTwitterより(現在は削除)
https://twitter.com/nae_auth [リンク]

「日本には日本のルールがある」 女優・裕木奈江さん「現実社会で違法とされている事は表現を制限・禁止するべき」ツイートに反論続出


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「日本には日本のルールがある」 女優・裕木奈江さん「現実社会で違法とされている事は表現を制限・禁止するべき」ツイートに反論続出】の続きを読む



1 すらいむ ★ :2022/04/18(月) 20:31:56.04

3800年前起きた「超巨大チリ地震」は、人類を千年間も沿岸地域から遠ざけていた!

 約3800年前に史上最大級の地震がチリ沖で発生していたことが、新たな研究で明らかになりました。

 マグニチュードは9.5に達し、巨大な津波をともなってチリ北部を襲い、沿岸部のコミュニティを壊滅させたという。

 また遺跡の調査から、人々が沿岸部に居を戻すまでに1000年かかったことが示されています。

 さらに、地震によって発生した津波は、遠くニュージーランドまで到達し、車サイズの巨岩を内陸深くに運び込んだようです。

 研究の詳細は、2022年4月6日付で科学雑誌『Science Advances』に掲載されました。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

ナゾロジー 2022.04.15
https://nazology.net/archives/107667


【【ナゾロジー】3800年前起きた「超巨大チリ地震」こんな地震が発生したら、日本には、どんな津波が来るんだろう?】の続きを読む



1 Anonymous ★ :2022/04/17(日) 10:36:01.81

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220415/k10013583491000.html
秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と伝えたことがわかりました。

小室さんが日本で勤務していた弁護士事務所の所長で、留学なども支援してきた弁護士の奧野善彦さんによりますと、15日午前、小室さんから電話があり、司法試験の結果について「残念ながら落ちました。合格点に5点足りず、とても無念です」と伝えられたということです。

奧野さんが今後どうするのかと尋ねると「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と答えたということです。

小室さんは、眞子さんとニューヨーク州の賃貸マンションで暮らしながら、州内の法律事務所で弁護士の助手として働いていて、今の生活について「夜遅くまで働いています」と話していたということです。

ニューヨーク州の司法試験の結果は、日本時間の15日午前0時すぎ、州の司法試験委員会のホームページで発表されましたが、小室さんの名前はありませんでした。

★1:2022/04/15(金) 01:01:44.36
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650117756/


【小室圭さん、2度目の司法試験『不合格』→報道に少し違和感を感じるのですが 合格がゴールではなくて 合格がスタートラインじゃないかと……】の続きを読む

このページのトップヘ