スポーツ


ワールドカップは、FIFAワールドカップの成功にあやかり命名されたものである。かつて国際サッカー連盟(FIFA)は「ワールドカップ」の名称を商標登録しようと試みたが、これが認められなかったため「FIFAワールドカップ」で登録した。そのため、他競技でもワールドカップの名称が使用できている。…
10キロバイト (911 語) - 2022年10月8日 (土) 05:42

1 久太郎 ★ :2022/11/25(金) 02:59:35.94ID:ni7HtZTS9
 FIFAワールドカップカタール2022・グループH第1節が25日に行われ、ポルトガル代表とガーナ代表が対戦した。

 先に行われた同組のウルグアイ代表vs韓国代表は、互いに決定力を欠いてスコアレスドローに終わった。混戦が予想されるなか、初優勝を目指すポルトガル代表とアフリカ勢初の4強以上を目指すガーナ代表が激突。戦前の予想通り、5大会連続のW杯出場となるクリスティアーノ・ロナウド(無所属)ら豪華な攻撃陣を擁するポルトガル代表が押し込む展開となる。31分にはC・ロナウドがゴールネットを揺らすが、ボールを奪った際のファウルを取られて得点は認められない。

 一方、守備の時間が続くガーナ代表は前半に敵陣ペナルティエリア内で1回もボールタッチを記録することができず。ガーナ代表のシュート数0に終わり、試合はスコアレスで折り返す。

 後半もこう着状態が続くなか、ポルトガル代表は64分に絶好機到来。C・ロナウドがモハメド・サリスのファウルを誘ってPKを獲得すると、千両役者自らキッカーを担当。自信を持って右足を振り抜き、ゴール左へと突き刺した。C・ロナウドはW杯史上初めて5大会連続でゴールを決めた選手となった。

 63分、ガーナ代表が試合を振り出しに戻す。味方のスルーパスが相手DFの背後に通ると、回収したモハメド・クドゥスがペナルティエリア左の深い位置から折り返す。ボールは相手DFの股の間を抜け、アンドレ・アイェウが詰めてゴールネットを揺らした。

 それでも78分、ポルトガルが勝ち越しに成功する。自陣でのインターセプトからカウンターに転じ、ブルーノ・フェルナンデスが敵陣中央から絶妙のスルーパスを相手DFの背後に供給。抜け出したジョアン・フェリックスが相手GKとの一対一を制した。

 さらにその直後、ポルトガル代表がリードを広げる。再び自陣でのボール奪取からロングカウンターを展開。ペナルティエリア手前まで運んだB・フェルナンデスが相手を引きつけ、左で追い越したラファエル・レオンにラストパス。レオンは右足ダイレクトでゴール右へと流し込んだ。

 ガーナ代表は89分に再び1点差とする。ペナルティエリア左を突破した味方がクロスを送り、オスマン・ブカリが頭で合わせて押し込んだ。

 オープンな展開での殴り合いは最後まで続いたが、ポルトガル代表が逃げ切りに成功して白星スタートとなった。次節は28日に行われ、ポルトガル代表はウルグアイ代表、ガーナ代表は韓国代表と対戦する。

【スコア】
ポルトガル代表 3-2 ガーナ代表

【得点者】
1-0 65分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
1-1 73分 アンドレ・アイェウ(ガーナ代表)
2-1 78分 ジョアン・フェリックス(ポルトガル代表)
3-1 80分 ラファエル・レオン(ポルトガル代表)
3-2 89分 オスマン・ブカリ(ガーナ代表)

【スターティングメンバー】
ポルトガル代表(4-1-2-1-2)
ディオゴ・コスタ;カンセロ、ルベン・ディアス、ダニーロ・ペレイラ、ラファエル・ゲレイロ;ネヴェス(77分 レオン);ブルーノ・フェルナンデス、オタヴィオ(56分 ウィリアン・カルヴァーリョ);ベルナルド・シルヴァ(88分 パリーニャ);クリスティアーノ・ロナウド(88分 ゴンサロ・ラモス)、フェリックス(88分 ジョアン・マリオ)

ガーナ代表(5-3-2)
アティ;アリドゥ(66分 ランプティ)、アマーティ、ジク(90+2分 セメンヨ)、サリス、ババ・ラーマン;トーマス・パルティ、モハメド・クドゥス(77分 ブカリ)、サメド(90+2分 コフィ・チェレ);アンドレ・アイェウ(77分 ジョルダン・アイェウ)、イニャキ・ウィリアムズ

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d8a2aa732d5f2334f53009a8638bd9e00e2af93

【【サッカー】ポルトガル、終盤の乱打戦制しガーナ撃破! 実に見応えがある激しい試合だった 最後の油断はポルトガルの肝を冷やしたね】の続きを読む


本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者、実業家。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表のゼネラルマネージャー・監督を務める。 アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダ・ロシア・イタリア・アゼルバイジャン・リトアニア)、北中米…
155キロバイト (18,253 語) - 2022年11月24日 (木) 17:59

1 フォーエバー ★ :2022/11/25(金) 10:55:42.02ID:eJ+Hjqqr9
「笑われる意味がわからない」話題となった後輩選手への「さん」付け、本田圭佑が理由を明*「無意味な縦社会はなくした方がいい」
11/24(木) 23:17配信

超WORLDサッカー!
(写真:Getty Images)

ドイツ代表戦での日本代表の劇的勝利を解説した本田圭佑が、話題になっていることについて言及した。

【SNS】本田圭佑が話題になった後輩選手への「さん」付けに言及

23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節のドイツvs日本が行われた。戦前の下馬評ではドイツが圧倒的に有利だった中、PKで前半に先制。しかし、後半に日本はシステムを変えると、堂安律、浅野拓磨がゴール。これで逆転勝利を収めた。

日本サッカーの歴史を動かした大きな勝利。この試合を「ABEMA」で解説したのが3度W杯出場を経験し、3大会連続でゴールを決めた本田だった。

カタール入りし、現地での解説を行った本田。的確な問題提起、そして相手のウィークポイントを指摘すれば、そこを日本の選手が突いて得点を奪うなど、その解説ぶりが大きな話題となっていた。

その中で、もう1つ話題になっていたのが本田の選手の呼び方だ。

本田は日本代表選手に関して、共にW杯にも出て親交のある吉田麻也や酒井宏樹、長友佑都などは親しみのある呼び方をしている一方で、ほとんどの選手が後輩に当たるものの、「三笘さん」、「鎌田さん」、「伊東さん」と「さん」をつけて呼ぶことに。例外的に本人から申し出があった久保建英に関しては「タケ」と呼んでいたが、自身が関わったことのない選手は「さん付け」で呼び、あまり聞きなれないスタイルが話題となっていた。

その本田は自身のツイッターでこの件について言及。「さん付けして笑われる意味がわからない。」とすると、その理由を説明した。

「スポーツ界の無意味な縦社会はなくした方がいい。関係が深くない先輩に偉そうにされると、ん?誰?って思ってしまう。同じことをしたくないから「さん」を付ける」

本田自身、自分がよく知らない先輩に「本田」と呼ばれたりするのが嫌だという理由から、自分もやらないというもの。社会に出れば知らない人が年下であっても呼び捨てにすることなどなく、当然とも言える。

選手それぞれと自身の関係を考えての解説時の呼び方。久保のように、「さん付け」を辞めてほいしと言われればやめるだろうが、あまり関係が深くない後輩に「さん」をつける本田の姿勢は、「笑い」ではなく「お手本」にすべきではないだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd7b4c4b18d36da1b2b23fef65e74062d95804c2


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l

【【サッカー】信頼関係って大事ですね...後輩選手への「さん」付け、本田圭佑が理由を明かす!】の続きを読む


ワールドカップは、FIFAワールドカップの成功にあやかり命名されたものである。かつて国際サッカー連盟(FIFA)は「ワールドカップ」の名称を商標登録しようと試みたが、これが認められなかったため「FIFAワールドカップ」で登録した。そのため、他競技でもワールドカップの名称が使用できている。…
10キロバイト (911 語) - 2022年10月8日 (土) 05:42

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/23(水) 11:33:23.72ID:vR2zzYzp9
2022.11.23 10:32

11月20日より、FIFAワールドカップカタール2022が開幕した。アジア勢の不甲斐なさに、怒りの声が沸きあがっている。

中東に位置する国・カタールでの開催となった今大会。これまで自力でワールドカップ出場権をつかみ取ったことのないカタールだが、オイルマネーを駆使して開催国となることで、金の力で出場権を獲得した。

さらに、開催国なので第1シードという特権ももらい、万全の態勢で大会へ臨むことに。しかし記念すべき開幕戦では、史上初めて開催国が開幕戦で敗れるという醜態を晒してしまう。

また、〝アジア最強〟と言われる中東のイランも、ほぼホームのような地でイングランドに2-6で大敗。内容もボロボロで、まったく面白くない試合をしてしまった。


「アジア枠減らせマンの格好の餌」

こんな醜態を晒しておきながら、次のワールドカップでアジア枠は4枠も増え、8.5枠になることが決定している。これにネット上では

《やはりアジア枠減らせ。実力のないチームの試合は見ててつらい》
《マジでもうアジア枠減らせよ! ヨーロッパ枠にした方がええ!》
《アジアで圧倒的だったイランがここまでボコられると、アジア枠減らせって言われちゃうのも仕方ない気がしてしまうわ》
《アジア枠マジでいらないからアジアの国全部ボコされてくれ》
《アジア枠減らせマンの格好の餌。これじゃ仕方ないけど》
《こりゃアジア枠減らせマンが沢山出てしまうな~ 日韓豪は比較的頑張るけど中東はいつもボコられる》
《中東勢が本戦で不甲斐ないのはいつものことなのに、アジア枠減らせマンがのさばるのは何故なのか》
といった怒りと落胆の声があがっている。

「サッカーワールドカップには、チームとしての順位以外に得点王などの個人部門での表彰もあります。しかし得点王に関しては、アジアのチームのような雑魚をボコって得点を稼ぎ、強いチームには何もできなくても得点王になってしまう。つまり、アジア勢と当たったチームが圧倒的に有利。こんな不平等はあってはならないでしょう」(スポーツ誌記者)

とはいえ、まだワールドカップは始まったばかり。日本を含め、〝アジア枠減らせマン〟が手の平を返すような活躍を期待したい。

https://myjitsu.jp/archives/394357

【サッカーW杯“日本勝利! 良くて引き分けかなぁと思って見てました・・・。】の続きを読む


森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
37キロバイト (3,645 語) - 2022年11月27日 (日) 12:37

1 それでも動く名無し :2022/11/28(月) 07:11:55.77ID:y2tzTdond
この試合でドイツ戦から先発5選手を入れ替えた森保監督は会見の席で「ターンオーバーは全く後悔していません」と口にし、自身の選択について語った。

「結果がダメだったから、やったことがダメだと第3者の方からは見られるかもしれませんが、ドイツ戦、今日のコスタリカ戦と非常にインテンシティの高い戦いの中、
もう一度スペインと激しく厳しいインテンシティの高い戦いをすることになります。その中で、我々が勝つ確率を上げられると考えて選択したことです。
結果的にダメだったが、トライしたことは私自身、日本が勝つために必要なことだったと思ってやりました。実際その機能がどうだったなどは皆さんに判断(評価)してもらえればと思います」

また、内容については「相手に点を与えず、攻撃に転じていく悪くない流れでした。後半にボールを握りながらコントロールして、最後に仕留めることができれば良かったですが、残念ながら相手がチャンスをモノにしました。
結果はもちろん残念ですが、選手たちはゲームの入りと試合の流れの中でシステム変更等にしっかり対応し、勝つ確率を上げられる戦いをしてくれたと思います」と選手を評価した。

そして、日本時間12月2日に行われるスペイン代表戦に向けては「ドイツとスペイン両国ともW杯優勝経験がある国でリスペクトしますが、我々はドイツに勝てました。
スペイン戦は難しい厳しい戦いになると思いますが、勝つチャンスはあると思いますので、いい準備をして自信をもって戦いに臨みたいです」と決勝トーナメント進出を見据えた。

【【朗報】コスタリカの想定に上手にハマったね。この試合はベストなメンバーで全力で勝ちにいかないといけない試合だったはず。】の続きを読む


スペインのスポーツ スペインのサッカー 政府 スペイン政府 (スペイン語)(英語) スペイン王室 (スペイン語)(英語) 駐日スペイン大使館(日本語) (スペイン語)(英語) スペイン大使館経済商務部[リンク切れ] (日本語) スペイン情報誌 acueducto (日本語) (スペイン語)(英語) スペインの基本情報…
125キロバイト (14,964 語) - 2022年11月19日 (土) 11:41
日本語の表記は、コスタリカ共和国。通称コスタリカ。国名のCosta Ricaが一綴りの単語ではないため、コスタリカや、コスタ・リーカと表記されることもある。 コスタリカとはスペイン語で「豊かな(Rica)海岸(Costa)」の意味であり、クリストーバル・コロンがこの地に上陸した時に、遭遇したイン
66キロバイト (8,481 語) - 2022年11月22日 (火) 02:09
もはや拷問に近いほどの無慈悲なワンサイドゲームだった。


1 ギズモ ★ :2022/11/24(木) 02:09:53.17ID:QE+QRfpg9

(出典 pctr.c.yimg.jp)

2点目を決め喜ぶスペインのアセンシオ(ロイター)

スペインがコスタリカを前半から圧倒…3トップ1点ずつの3―0で後半へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221124-11241029-sph-socc

◆カタールW杯▽1次リーグE組 スペイン―コスタリカ(23日・アルスママ競技場)

 【ドーハ23日=岡島智哉】第2戦で日本と対戦するコスタリカはスペイン代表と対戦。スペインの猛攻を受け、前半を0―3で折り返した。

 コスタリカは守備的な5バック布陣も想定された中、4―4―2の布陣で前から積極的にプレスをかける戦法を選択。しかしこれが裏目に出た。

 プレスがはまらず、ラインが高くなった隙を突かれる展開が続いた。スペインはMFペドリを中心にパスワークで相手を圧倒。前半11分に中央を崩してFWダニオルモが先制点を決めると、同21分にはFWアセンシオが左からのクロスをボレーで合わせ、追加点を挙げた。

 3点目はDFジョルディアルバが倒されて獲得したPKをFW*ントーレスが決めた形。先発した3トップが1点ずつを上げ、両チームの力の差を感じずにはいられない45分間となった。

【【カタールW杯】スペインがコスタリカを前半から圧倒…日本はスペイン相手はきびしいか・・・。】の続きを読む

このページのトップヘ