経済


日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英語: Nikkei stock average)は、日本の株式市場の代表的な株価指数の一つ。単に日経平均日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される。 日本の株価指標としては東証株価指数
71キロバイト (5,183 語) - 2022年7月21日 (木) 11:22

(出典 27日の日経平均は下落スタートだが買われている銘柄は?|会社四季報 ...)



1 田杉山脈 ★ :2022/07/23(土) 00:04:27.50ID:CAP_USER
「’25年までに日経平均株価は5万円を突破します。日本は世界のヒーローになろうとしているのかもしれません」

そう語るのは、トルコ出身の投資家、エミン・ユルマズ氏(42)だ。エミン氏は’06年に東京大学大学院を修了後、野村證券に入社し機関投資家営業などを経験。現在は『複眼経済塾』塾頭として高い評価を受ける気鋭のエコノミストである。たった3年で日経平均が倍近くになるとは、どんなシナリオなのか。エミン氏はまず、米中バブルの崩壊が起こると語る。

「米中どちらもすでに景気減速しており、一方でモノ不足からインフレが起こっています。アメリカは、金融引き締めが直撃して経済がクラッシュする。今年秋にはNYダウが目に見えて下がるはずです」

米国はインフレを抑制するため、ドル高円安を是認せざるを得ない状況にある。これが現在の日本の悩みのタネなわけだが、中期的に見れば日本が好転する時期である、とエミン氏は主張する。

「円安で外国人が日本株を買いやすくなりました。ウクライナ侵攻でロシアの要人の資産凍結が相次ぎ、サウジアラビアのオイルマネーのような大きな財布が、日本に資産を逃がそうとする動きが本格的になってきています。日本人からすれば、日本円の価値が失われ続けているように思えますが、日本には2000兆円といわれる個人金融資産がある。この多くは貯金で、インフレ時の円預金では資産が目減りする一方です。日本人は『デフレ脳』で貯金ばかりしていましたが。これが、否が応でも『いま買おう、そうしないと損をする』という『インフレ脳』へ、発想の転換がもたらされるはずです」

円安で株価が上がる――。そう聞けば、「株価5万円」に向けて投資を始めるしかないが、どんな銘柄を買えばいいのか。

「長期的な目線では、『MINK』といって、M(三菱重工業)、I(IHI)、N(日揮ホールディングス)、K(川崎重工業)への投資がおすすめです。防衛産業をはじめ、景気に左右されない事業を手がけているのでインフレにも強い。資金繰りに困っていなくて、配当をしっかり出している企業が狙い目です」

日本が一人勝ちするとしても、やはり投資は手堅くいくのが肝要のようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/84be7b38ed8783b1ca9749f512578c3d69a0a186

【【経済】円安効果は時間の問題でしょう。 日銀総裁も言っていたけど、ドル独歩高。アメリカの利上げも延々続くものでもないし・・・。】の続きを読む


所得税免除額の引き上げが低所得世帯の所得水準向上に関連する施策として考慮されている。)による低所得世帯の所得水準へのプラスの効果は、物価上昇や社会保障給付の削減などで相殺され、結果として低所得世帯の所得水準は必ずしも改善しない、と指摘している。特に、従来の低所得
98キロバイト (14,309 語) - 2022年7月10日 (日) 04:25

(出典 低所得者とは年収いくらからか?低所得者対策は消費税のみ!? | まだ ...)



1 田杉山脈 ★ :2022/07/23(土) 00:06:57.27ID:CAP_USER
総務省が22日発表した6月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、3カ月連続で前年同月比2%超の上昇となった。この10年ほどの間でみた物価は、生活必需品が1割以上値上がりしているのに対し、ぜいたく品はほぼ横ばいだ。識者は、中低所得層ほど生活が苦しくなる「スクリューフレーション」と呼ばれる現象が深刻化していると警鐘を鳴らす。

物価を構成する約580の品目は、食料品や電気代、医薬品など生活に欠かせないものが多い「基礎的支出項目」と、外食や旅行、車といったぜいたく品が中心の「選択的支出項目」に分けられる。

 6月の物価を2010年の平均と比べると「基礎的支出項目」は15・3%上昇しているのに対し、「選択的支出項目」は0・1%の上昇と大きな違いがある。日本は食料やエネルギーの多くを輸入に頼り、物価全体が上がりにくい状況でも、海外の動向次第で生活必需品は物価が上がりやすい傾向があった。

 第一生命経済研究所首席エコノミストの永浜利広氏の試算では、家計に占める生活必需品の割合は低所得者ほど大きい。20年の家計調査で年収別に家計に占める生活必需品の割合を調べたところ、世帯年収200万円未満だと58%が生活必需品で占める。年収が増えるとともに、割合は下がり、年収600万円以上だと5割を切り、900万円以上は45%だった。

 生活必需品中心の物価上昇は、海外では「スクリューフレーション」と呼ばれる。「締め付け」(スクリュー)と「物価上昇」(インフレーション)を合わせた造語で、中低所得層ほど苦しめられている状況を指す。10年代に米国のヘッジファンドマネジャーが名付けたという。

 08年のリーマン・ショック後の米国では、米連邦準備制度理事会(FRB)の大規模な金融緩和などで経済が成長軌道に乗る一方、中間層の給料は伸びず、新興国の経済成長で需要が拡大した食料品やガソリン代などの物価が上がった。世界的な金融緩和で巨額の投機的な資金が原油や穀物の商品市場に流れ込んだことも要因だった。

 永浜氏は、10年代から日本でも同じ現象が起きていると警鐘を鳴らしてきた。コロナ禍での経済の混乱やウクライナ危機は、生活必需品の物価上昇にさらに拍車をかけている。賃金が上がれば家計への影響を減らせるが、5月の実質賃金は前年同月比1・8%減と2カ月連続で下落している。永浜氏は「国内のスクリューフレーションはますます深刻化している」と話す。
https://news.yahoo.co.jp/articles/47c8bc34439772daf7e63d63ab2fc54bfef6acc3

【【経済】物価高騰の今、支払う消費税額も必然的に上がってしまう。 つまり増税されているのと同じだ!】の続きを読む


還を受ければ、損失は発生しないとしている。ただし償還は米ドルのため円に戻す場合は為替レートによって米国債購入時に比較し損失を出すこともあれば利益が出ることもある。 金融アナリストの久保田博幸は、「国債は一定期間売却できない代わりに、その期間を過ぎれば国が額面で買い取る」と解説している。
9キロバイト (1,210 語) - 2022年6月10日 (金) 19:39

(出典 アングル:米10年債入札、今後の市場心理を左右か カギは日本勢 ...)



1 ラグドール(茸) [CA] :2022/07/28(木) 22:01:51.20ID:KjuaiolR0

米4ー6月期GDP 年率ー0.9% 2期連続のマイナス 景気減速鮮明に(21:34)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220728/k10013741201000.html

【アメリカは金利をあげても雇用は落ちない、日本は落ちると述べてますが、それは何故なんでしょう?】の続きを読む


赤字を生み出すという矛盾が生じていた。赤字83線の取組み中に開業したローカル新線は、11線 (163.0 km) で、結局差し引きほぼゼロという奇妙な状態であった。 1972年(昭和47年)7月、田中角栄が内閣総理大臣に就任すると、この赤字路線
40キロバイト (900 語) - 2022年6月23日 (木) 05:48

(出典 焦点:コロナで大手も赤字 地方鉄道の経営、急速に悪化 「1000人未満 ...)



1 凜 ★ :2022/07/28(木) 15:50:40.19ID:siCGIkQB9

■日本経済新聞(2022年7月28日 14:32)

JR東日本は28日、利用者減が深刻化しているローカル線など35路線の2019年度の営業赤字が約693億円だったと公表した。同社が路線別の収支を明らかにするのは初めて。新型コロナウイルス禍で鉄道収益が落ち込むなか、不採算のローカル線のバスなどへの転換に向けて自治体と協議を進めたい考えだ。

※全文は元記事でお願いします
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC258X50V20C22A7000000/

【【社会】久留里線は深刻だなあ。62人はJR西日本の芸備線の備後落合界隈と同等で衝撃的な数字だ。】の続きを読む


ートや政治の目的など、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「高」、逆に、低い水準であるとき「円安」という。例えば、今まで1ドル80だったが、1ドル75になった場合には高になっている。つまり、より少額の「」で1ドルと交換できるようになる訳である(同じ円貨額でより多くのドルを買え
73キロバイト (12,434 語) - 2022年5月7日 (土) 09:29

(出典 tk.ismcdn.jp)



1 風吹けば名無し :2022/07/26(火) 07:49:27.93 ID:hbju/t/UdFOX.net
30万円分の労働の価値が21万円分に毀損されてるやで!🏺

【原油・銅など資源はすべて安くなっています。円の行く末はどうなるんでしょう!?】の続きを読む

このページのトップヘ