経済


オンキヨー株式会社(読みはオンキョー、英: Onkyo Corporation)は、大阪府東大阪市に本社を置く企業。かつてはオンキヨーホームエンターテイメント(2022年5月13日自己破産手続き開始)の子会社だった。 主な事業は、「オンキヨー」ブランドをはじめとする各種ブランド・製品のライセンスビ
8キロバイト (825 語) - 2022年5月13日 (金) 09:16

1 孤高の旅人 ★ :2022/05/13(金) 18:27:41.71

オンキヨーが自己破産、負債総額31億円…主要子会社破産で資金繰り悪化
2022/05/13 16:58
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220513-OYT1T50250/

 経営再建中のオンキヨーホームエンターテイメント(大阪府東大阪市)は13日、大阪地裁に自己破産を申請し、同日付で破産手続きの開始決定を受けたと発表した。負債総額は約31億円。

 同社は業績不振から債務超過に陥り、2021年8月に上場廃止になった。今年3月には、主要子会社2社が自己破産を申請し、その後も、資金繰りが悪化していた。

 祖業の家庭用音響・映像(AV)機器事業については、シャープと米音響機器大手ヴォックスが設立した合弁会社に売却している。

★1:2022/05/13(金) 17:23:06.22
前スレ
【経済】オンキヨーが自己破産、負債総額31億円…主要子会社破産で資金繰り悪化 [孤高の旅人★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652430186/


【【経済】オンキヨーが自己破産、ONKYO=お高い品質のいいブランド そんな良いイメージを上手く活かしきれなかったね。】の続きを読む



1 荒波φ ★ :2022/05/13(金) 09:21:27.98

韓国の仮想通貨市場が12日、「*サーズデー(暗黒の木曜日)」を迎えた。国産コイン「ルナ(Luna)」と「テラ」急落のためだ。仮想通貨市場の取り付け騒ぎ(バンクラン)が起きてビットコイン3万ドルも崩壊した。イドリウムもこの日21%下落した。

ドルに連動(ペッグ)するよう設計されていたステーブルコイン「テラ」の急落が市場を動揺させ、米財務省はステーブルコインの規制を促した。

仮想通貨(暗号資産)情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、12日午後のルナの価格は24時間前より97%下落した0.3ドル水準だ。

一日にしてただの紙切れと化した。1ドルに価値が固定されていなければならないテラはこの日午後、0.63ドル水準に急落した。

ルナとテラはアップルエンジニア出身のクォン・ドヒョン代表とTMON(ティーモン)を創業したシン・ヒョンソン代表が共同設立した「テラフォームラボ(Terraform Labs)」が発行したコインだ。

本社はシンガポールにあるが、韓国人が作ったことから「キムチコイン」というニックネームがある。ルナの場合、今年初め、全体仮想通貨で時価総額10位圏に入り、先月118ドルまで上がって時価総額が400億ドル(約5兆1388億円)に達していた。

ルナの姉妹コインであるテラは価格が1ドルで固定されるように設計されたステーブルコインだ。テザー(Tether)のように担保物を現金や債券など流動資産で保有したステーブルコインとは違い、テラはルナとテラの供給量を連動する独自のアルゴリズムを通じて価値を維持してきた。

「ポンジ・スキーム」という批判を受けながらも、ルナの市場価値は上昇し、このようなアルゴリズムはうまく回っていた。問題は仮想通貨市場が劣勢に追い込まれ、テラの価格が1ドル以下に落ちたことから始まった。

10日午前1時ごろ、テラの価格は0.9ドル台に落ちた後、1ドルを回復できず下落一途だった。0.6ドル水準でテラフォームラボが保有中のビットコインを担保として調達した資金でテラの価格防御に出て、この日午後には0.9ドル台ラインまで回復したが、投資家の売り動向を防ぐには力不足だった。

11日午後、テラの価格は0.3ドルまで落ちた。テラフォームラボはテラの担保物として合計35億ドル規模のビットコインを保有している。

ブルームバーグはこの日、「テラとルナの価値はこれが維持できるかどうかという投資家の信頼に基づいている」とし「何もかもが崩壊した。*スパイラルに陥った」と報じた。

ルナとテラの暴落は仮想通貨市場を大きく揺さぶっている。直ちに火の粉はテザーに飛んだ。世界最大規模のステーブルコインであるテザーの価格も1ドル以下に落ちたのだ。

テザーは11日午後9時ごろ、0.99ドルに下落した後価値を回復できず、12日午後4時基準0.97ドルまで落ちた。

ビットコインの価格はこの日3万ドルラインが崩れて2万7000ドルラインで取り引きされている。ブルームバーグは「今回の(テラとルナの暴落)事態は極端に高いレバレッジが絡み合う循環的メカニズムで発生した問題という点で、2008年リーマンブラザースの破産と似ている」と指摘した。

米国財務省もテラ事態に警告の声を出している。ジャネット・イエレン財務長官は10日の議会でステーブルコインに対する規制承認を要求した。

イエレン長官は「テラの暴落は目まぐるしく変動するドル連動ステーブルコインが金融安定性を脅かしていることを示す事例」とし「ステーブルコインの発行者を規制する法案を作らなければならない」と主張した。

コビット(Korbit)やビッサム(Bithumb)、アップビット(UPbit)など韓国主要仮想通貨取引所もルナを留意品目に指定するなど警報を発令した。


中央日報日本語版 2022.05.13 08:34
https://japanese.joins.com/JArticle/290998


【【仮想通貨】 国と国民に信用がないから!?韓国産コイン「ルナ」1日で97%大暴落!!】の続きを読む



1 かかと落とし(東京都) [US] :2022/05/10(火) 12:43:42.96


「東京本社を札幌へ?」アクサ生命が得た意外な副産物
https://mainichi.jp/premier/business/articles/20220325/biz/00m/020/009000c
https://www.axa-holdings.co.jp/media/2022/pdf/20220322.pdf
インタビューに答えるクリストフ・ベルモン・アクサ生命常務執行役員
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2022/03/25/20220325biz00m020005000p/8.webp?1.jpg

「日本では大地震や富士山の噴火はもちろん、
感染症やテロなどあらゆるリスクを考慮する必要があります。
そう考えて東京の本社機能を分割し、東京と札幌の2本社体制にしました」。
こう語るのはフランスに本拠地を置く保険・金融グループの
日本法人・アクサ生命保険のクリストフ・ベルモン常務執行役員だ。

「保険会社としては、事業の中断につながるあらゆるリスクを考慮しています。
地震国の日本では首都直下型の大地震がいつ起きるかわかりません。
さらに富士山の噴火や感染症、テロのリスクなども考え、
本社の業務を東京に集中させるのは危険と判断しました」

天災や危機など万一のリスクに備え、アクサ生命は東日本大震災後の2014年、
東京本社の「一極集中」を見直した。ベルモン氏は危機管理の責任者だ。
保険会社らしく「業務のリスク分散」が狙いという。

東京本社の分割・移転先が大阪や名古屋でなく、なぜ札幌なのか。
ベルモン氏は「首都圏と地盤の連動性がなく、
自然災害の発生率が低いことが決め手になりました。
全国65都市を比較検討し、札幌を選びました。
東京から遠いことが逆にメリットとなります」と説明する。

札幌は今後30年間に震度6弱以上の地震が起きる確率が
全国47都道府県庁所在地で最も低く、台風の接近数も少ないという。
人口197万人の札幌は、全国の政令市の中でも大学の数が比較的多く、
人材を確保しやすいのも好都合と判断した。

震国の日本で東京に集中させるのは危険
【日本に安全なところなんか無いんだから、業務のリスク分散することが大事なんだよ】の続きを読む


各国におけるビットコインの法的な扱い ビットコインのスケーラビリティ問題 2020年Twitterビットコイン詐欺 ビットコインバブル ビットコインATM 仮想通貨 暗号通貨 公開鍵暗号 三式簿記 ビットコイン財団 マスターコイン - ビットコインの上位層として実現され稼働している決済を行うプロトコルと、関連する通貨の名称。
93キロバイト (11,005 語) - 2022年4月29日 (金) 08:56

1 田杉山脈 ★ :2022/05/10(火) 17:57:45.09

代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が下落している。10日に一時3万ドルを下回り、2021年11月につけた過去最高値(6万9000ドル)の半値以下となった。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めが景気を冷やすとの見方が強まり、資金が流出した。

欧州取引所のビットスタンプによると、3万ドルを下回るのは21年7月以来およそ10カ月ぶりとなる。米政策金利の引き上げ加速や量的引き締め(QT...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB105860Q2A510C2000000/


【【仮想通貨】仮想通貨に本気で投資するなんて恐すぎ 一時3万ドル割れ】の続きを読む



1 河津落とし(茸) [ニダ] :2022/05/09(月) 19:42:57.21


2022年5月9日
NTTとNTTデータ、海外事業を統合へ 発表巡る株価の乱高下に澤田社長も苦笑

 日本電信電話(NTT)とNTTデータは5月9日、海外事業を統合すると発表した。NTTでグローバルでデータセンター・ネットワーク事業を展開する「NTT Ltd.」と、NTTデータの海外事業を統合し、10月1日付けで海外事業会社を共同設立する。

 新会社の売上高は約3.5兆円で、売上比率は海外が60%になる見込み。従業員数は約18万人に上るという。新会社の持株比率はNTTデータが51%、NTTが49%。最終的にはNTTデータがNTTから4%相当の株式を追加取得し、持ち株比率を55%対45%とする。

 NTT Ltd.は新会社の傘下に再配置する。2023年にはNTTデータをホールディングス化し、傘下に国内事業を担う新会社を設立。国内事業と海外事業を会社ごとに分割する。

https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2205/09/news119.html


【今日はNTTとNTTデータ両社長が記者会見をするとの事で、TOBの憶測から、両銘柄の株価が乱高下する騒ぎになりました。 結果的にはTOBの憶測はハズレです。】の続きを読む

このページのトップヘ