渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年〈昭和62年〉10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、インフルエンサー、司会者、女優、声優、歌手。吉本興業所属。東京NSC12期生。ニューヨーク在住。 父親が日本人、母親が台湾人で、直美も出生は台湾である。一人っ子であり、かねてから姉として噂されていた女
53キロバイト (6,564 語) - 2022年6月27日 (月) 20:39

(出典 渡辺直美さん「今まで通り、表現していきたい」 吉本公式サイトに ...)



1 風吹けば名無し :2022/06/28(火) 20:16:32.21
渡辺直美 ニューヨークの食事料金「日本と比べ物にならない」 朝ご飯&ランチの金額にスタジオ衝撃
2022年06月27日 21:24芸能

 タレントの渡辺直美(34)が27日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後9・00)に出演し、活動拠点としているニューヨークでの食費事情を明かした。

食事について聞かれると「高いんですよ、ニューヨークって。飯が本当に日本と比べ物にならないぐらい高くて」とお金がかかることを伝えた。「それこそ朝ご飯で、目玉焼きとパンとツナサラダ食べたら7000円ぐらい」と朝食とは思えない金額を明*と、しゃべくりメンバーは「えー」「そんな?」と衝撃を受けた。

この金額に有田哲平は「それはそういうところに行ってるからでしょ」と信じられない様子。堀内健が「ハンバーガーが今1000円ぐらいでしょ?」と聞くと、「いや、もっと。2400円とか。ガンガン高いんですよ」と明*渡辺。有田からの「それはセレブの屋上とかで食べてるからでしょうが」という指摘には「勝手に決めつけないでください」と、決して高級料理店などで食べているわけではないと否定した。

 有田は「量の話じゃないの?」と言うが、渡辺は「本当に普通の量。大盛りとかにもしてない」と否定。さらに「ランチとかしたら2人とかで2万円。そこにプラスしてチップも払わなきゃいけない」と想像以上の金額の高さにしゃべくりメンバーは驚きを隠せなかった。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/27/kiji/20220627s00041000591000c.html

【やはり 普通の市民の感覚で 報道することが大切!渡辺直美「円安の影響」】の続きを読む


渡辺 宙明(わたなべ ちゅうめい、1925年(大正14年)8月19日 - 2022年(令和4年)6月23日)は、日本の作曲家、編曲家。「ちゅうめい」はペンネームであり、本名の読みは「わたなべ みちあき」。 父は渡邊工業社長・名古屋螺子製作所(現:メイラ株式会社)創業者の渡辺
24キロバイト (2,936 語) - 2022年6月28日 (火) 12:23

(出典 作曲家の渡辺宙明さん死去 96歳 - Yahoo!ニュース)



1 ひかり ★ :2022/06/27(月) 23:34:17.15
 タレントの中川翔子(37)が27日、自身の公式ツイッターで、23日に96歳で死去した作曲家の渡辺宙明(わたなべ・ちゅうめい、本名=みちあき)さんを追悼した。

 中川は宇宙刑事ギャバンと電子戦隊デンジマンのサウンドトラックの写真を投稿し、「いまもしょっちゅう聞いてます 聞きべりしない強さと愛と哀愁。かっこいい。ずっとお元気でいていただきたかった、悲しいです」とつづり、故人をしのんだ。

 これに対しフォロワーからも「スーパー戦隊シリーズもメタルヒーローシリーズどちらも名曲ばかり」「悲しいですね」「しょこたんは宙明先生のお気に入りでしたね」などの声が寄せられていた。

スポニチ

【【芸能】ゴレンジャー、バトルフィーバーJ、鋼鉄ジーグが好きでした。中川翔子 作曲家・渡辺宙明さんを追悼】の続きを読む


葛城 ユキ(かつらぎ ユキ、1949年〈昭和24年〉5月25日 - 2022年〈令和4年〉6月27日)は、日本の歌手。身長167cm。既婚。 ラジオシティレコード(後のアポロン音楽工業→エモーション、現:バンダイナムコアーツ) → テイチクレコード(現:テイチクエンタテインメント)、→
32キロバイト (1,359 語) - 2022年6月27日 (月) 12:20

(出典 葛城ユキ「究極のベスト! 葛城ユキ」 | Warner Music Japan)



1 夜のけいちゃん ★ :2022/06/27(月) 17:49:21.92
2022年6月27日 17時26分

 独特のハスキーボイスとともに「ボヘミアン」のヒット曲などで知られる、歌手の葛城ユキ(かつらぎ・ゆき、本名・田中小夜子=たなか・さよこ)さんが27日午後2時16分、腹膜がんのため、都内の病院で死去した。73歳だった。岡山県出身。昨年4月にステージ4の腹膜がんを患っていることが判明。同年5月から治療を行っていた。

 先月17日には、千葉・成田市内でユニットコンサートに登場しステージ復帰を果たした。昨年4月末以来、約1年1カ月ぶりの歌唱で、車いすに座ったまま「ローズ」を力強く歌い上げ、観客からの拍手に応えていた。葛城さんは「皆さまのおかげで、歌える葛城ユキに少し戻ることができました。まだ本来の姿ではありませんが、いつか戻れるよう元気にならないといけません。応援よろしくお願いします」と話していた。

葛城さんは1949年(昭和24年)生まれ。高校時代はバレーボール部のアタッカーとして国体出場。実業団に進むもすぐに辞め、大阪の音楽スクールに通い、73年にヤマハポピュラーソングコンテストに「朝霧マチ」名義で出場し歌唱賞、翌年は最優秀賞を受賞し、同年、「葛城ゆき」としてニューミュージック歌手としてデビューした。

 しばらく不遇の時代を過ごし、80年に名前を「ユキ」として、ロックに転向。ボニー・タイラーの「Sitting on the Edge of the Ocean」のカバー曲「哀しみのオーシャン」がヒット。カーリーヘアを振り乱し、ハスキーな声でシャウトするエネルギッシュなステージは評判となり、“女ロッド・スチュワート”の異名もとり83年には「ボヘミアン」大ヒット。レコード売り上げ約40万枚を記録する自身の代表作となった。

 03年テレビ番組の収録中に胸椎粉砕骨折などの重傷を負い引退を覚悟したが、驚異的に回復し翌年復帰ライブを開催。その後もステージを中心に活動していた。


【【訃報】カッコよかった歌手の葛城ユキさん 腹膜がんで死去 パワフルでハスキーな歌声】の続きを読む

このページのトップヘ