バックトゥフューチャーシリーズ > バックトゥフューチャーバックトゥフューチャー』(原題: Back to the Future)は、1985年のアメリカのSF映画。ロバート・ゼメキスが監督とボブ・ゲイルと共に脚本を務め、マイケル・J・フォック
64キロバイト (8,100 語) - 2022年6月19日 (日) 02:43

(出典 Amazon.co.jp: バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (字幕版)を観る ...)



1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/29(水) 10:58:50.48
2022年6月27日更新

ヤスダ ユウカ

世界で最も愛されているSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作。もし「PART4」が公開されれば大ヒットは確実です!それなのに、なぜ製作されないのでしょうか?

本記事では、「バック・トゥ・ザ・フューチャー4」が製作されない理由を詳しく解説!またもし製作されるとしたらどんな内容になるのかも予想していきます。






「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズは全部で何作?

シリーズは全部で3作です。第1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が公開されたのは1985年。大ヒットを記録して批評家たちからも高く評価された本作は、SF映画史のみならず映画史に残る最高傑作のひとつといわれています!





「バック・トゥ・ザ・フューチャー4」は公開される?

2022年6月時点で「PART4」の製作は進行しておらず、製作自体も発表されていません。







「バック・トゥ・ザ・フューチャー4」やリメイクはなぜ製作されていないのか

BTTF制作陣が製作を否定している

続編が製作されない理由を一言でいうと「製作陣に全くその気がないから」と言えるでしょう。シリーズを構想から手がけたロバート・ゼメキス監督と脚本家のボブ・ゲイルは、これまでのインタビューで何度も続編とリメイクの可能性をはっきり「No」と否定してきました。

彼らの言葉を抜粋すると、ロバート・ゼメキス監督は「私とボブが生きている間は無理です」、ボブ・ゲイルは「みんな見たことがあるでしょう、続編を作りすぎて“やめておけば良かった”という映画を」と発言しています。

3部作が非常に素晴らしかったので、製作陣はそれを台無しにしたくないと考えているのでしょう。また監督いわく、ユニバーサルはロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルの許可なしに続編やリメイクを作ることはできないという契約が交わされているとのことです。






キャスト陣のカムバックが現実的ではない?


【【映画】続編ばかりも考え物!? バック・トゥ・ザ・フューチャー4続編製作の意志は!?】の続きを読む


坂口 正則(さかぐち まさのり、1948年9月2日 - )は日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師。実子に調教師坂口智康、伯父に元調教師坂口正二、従兄弟に元調教師坂口正大がいる。 1967年に坂口正二厩舎で騎手見習いとなり、1974年に騎手となる。1981年騎手免許を更新
6キロバイト (518 語) - 2022年6月12日 (日) 10:09

(出典 坂口正大元調教師のG1解説】絵になる53歳武豊 ドウデュースの勝利 ...)



1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2022/06/27(月) 16:55:02.42
【坂口正大元調教師のG1解説】“強力先行”タイトルホルダーは現代競馬最強の形

ミホノブルボン、サイレンススズカ、キタサン*…。各時代に、個性的で強い先行馬がいました。
タイトルホルダーはそういった馬たちに肩を並べたか、あるいはそれ以上かもしれません。
速いペースで前へ行き、速い時計で押し切る。スピード+スタミナ。現代競馬における最強の形と言っていいでしょう。

【エフフォーリアは何か問題なのか、が分からないんだろうね。まず「リフレッシュさせる」、 これしかなさそうです。】の続きを読む


萩本欽一 (欽ちゃんからのリダイレクト)
現:さいたま市浦和地区)育ち。血液型はA型。 欽ちゃん、大将の愛称で広く知られる。 大衆からはもとより、芸能界でも先輩・後輩問わず「欽ちゃん」の愛称で呼ばれる。その他の愛称は「萩モー」「萩」「坊」「様」など。 また、彼の番組や舞台から育った欽ちゃんファミリー等からは、「師匠」などとは呼ばせず「
93キロバイト (13,672 語) - 2022年6月28日 (火) 01:28

(出典 妻に先立たれた萩本欽一の別れの作法「僕は妻に線香をあげない」|NEWS ...)



1 フォーエバー ★ :2022/06/28(火) 08:53:43.11
欽ちゃん「テレビが良かった時代にうまくいった、素晴らしい人生をありがとうですよ」…今はユーチューバー
6/28(火) 6:03配信

ユーチューブを始めた萩本欽一さん(6月10日、東京都世田谷区で)=高橋美帆撮影

 欽ちゃんこと萩本欽一さん(81)がユーチューブで「欽ちゃん、80歳の挑戦!」の配信に取り組んでいる。かつてテレビの冠番組の視聴率の合計から「視聴率100%男」と呼ばれたコメディアンはなぜ、活躍の場をインターネットに見いだしたのだろう。インタビューを申し込むと、喜んで受けてくれた。(文化部 辻本芳孝)

【動画】欽ちゃんも登場…「講義の鉄人」仏像を10倍楽しむ方法

きっかけはコロナ…「人生哲学として自然には逆らわない」
――昨年2月、名前を冠した名物番組「全日本仮装大賞」で、突然、降板を口にしましたね。

 新型コロナの急増中で、出演者とスタッフで200人もいるから感染者が出ると思ったの。「番組が終わるな」と思うくらい恐怖心がある時でした。長いことお世話になったテレビをそのことで終わるってのは、ちょっと悲しいなと思って。それで責任取っとこうと、アドリブでやめることをぶっぱなしちゃった。

――コロナ禍がなかったら続けていましたか?

 やってます。番組が嫌だったわけではないですから。「やめる」も「退く」も何か嫌だったので「どく」ことにした。テレビを離れるきっかけは完全にコロナですけど、自分の人生の哲学として、自然には逆らわない。全て運だから。

土屋敏男プロデューサー(左)、勝俣州和(右)と語り合う欽ちゃん(「欽ちゃん、80歳の挑戦!」より)

――なぜユーチューブに?

 浅草の軽演劇が私を助け、楽しい思いをさせてくれた。一番最後の仕事って何だろうと考え、動いて、腹を抱えて笑わせる軽演劇で全うしようと思った。第二の坂上二郎さんを見っけて「コント五十何号」にしようってね、それで発車した。でも、コロナで全部中止になっちゃって。

 もうやるところもないと家でじっと座っていたら、「大将らしくないね」って、土屋敏男さん(日本テレビ「電波少年」などのプロデューサー)が「クラブハウス(音声SNS)をのぞいたら、また何か考えてやりたくなるんじゃない? 家で『声出して』って言われたら出すだけだから」と言われた。断るのは友達がいがないと思って始めたんだけど、だんだん不満が出てきて、もう一歩前へ進みたいねと。それでユーチューブに移ることにしたんです。


【【芸能】欽ちゃん「ボケた二郎さんに欽ちゃんのツッコミは本当に面白かった。」】の続きを読む

このページのトップヘ