集中豪雨 (大雨からのリダイレクト)
局地的大雨 - 単独の積乱雲によりもたらされる、数十分の短時間に、数十mm程度の雨量をもたらす雨。 集中豪雨 - 積乱雲が連続して通過することによりもたらされる、数時間にわたって強く降り、100 mmから数百mmの雨量をもたらす雨。局地的大雨が連続するもの。
83キロバイト (9,649 語) - 2022年8月4日 (木) 03:12

(出典 storage.tenki.jp)



1 蚤の市 ★ :2022/07/04(月) 12:12:36.47ID:qVzY9ss99
 JR西日本は4日未明、大雨による3日の北陸線などでの遅れで列車の乗り継ぎができなかった乗客のため、金沢駅で特急2本の計18両を「列車ホテル」として開放したと発表した。約420人が宿泊した。大阪駅でも特急1本の9両を開放し、約60人が宿泊した。

 気象庁によると、3日午後7時50分ごろ、福井市付近で1時間に約80ミリの雨を観測し、記録的短時間大雨情報を出した。JR西によると、大阪―金沢間の特急サンダーバードなど上下28本が運休や区間運休した他、上下13本が最大約7時間半遅れ、約6500人に影響が出た。

共同通信 2022/7/4 10:45 (JST)
https://nordot.app/916487386147520512?c=39546741839462401

【北陸大雨のニュースで見て、びっくりした!規模は過去!?この問題は何時でも、誰にでも同じことが起き得る事です】の続きを読む


芸能人(げいのうじん)は、芸能を職業とする人。 日本語の「芸能」は広く流通している表現であり、「芸能界」や「芸能人」などの派生語もまずは大衆文化(大衆芸能)を想起させることが多い。ただし、能や歌舞伎などの伝統芸能の枠組みもあり、「芸能」の表現は必ずしも大衆文化に限定して用いられているわけではない。
17キロバイト (2,427 語) - 2022年7月29日 (金) 14:00

(出典 i0.wp.com)



1 ギズモ ★ :2022/07/31(日) 08:22:46.70 ID:CAP_USER9.net

(出典 asagei.biz)


芸能人「ギャラ泥棒」ランキング〈女優編1〉綾瀬はるか「ギャラ倍増」で不名誉な戴冠
https://asagei.biz/excerpt/46223

 連ドラ女優「ギャラ泥棒」ワーストランキングの対象は、全話の平均視聴率が出ている昨年の夏ドラマから今年の春ドラマまでの1年間。平均視聴率を主演女優、ヒロイン女優の1話分のギャラで割り、1%を獲得するのに費やされる〝ムダ金度〟を算出した。もちろん単純に測れるものではなく、ひとつの判断基準と捉えていただきたい。

 それを踏まえた上で、不名誉ランクの頂点に輝いたのは綾瀬はるか(37)だった。今春に満を持して臨んだ〝月9〟初主演作品「元彼の遺言状」が平均視聴率9.1%と苦戦し、泥棒指数32.96と唯一の30オーバー。割高感が際立つ結果となったのである。

 同作については脚本の不出来を指摘する意見がインターネット上で散見され、綾瀬に同情的な見方もある。とはいえ、それを高視聴率に導くのが高額ギャラを誇る人気女優たる所以ではないのか。

「ここ10年ほど、綾瀬は民放では日テレ、TBSしか出演していませんでした。150万~200万円というギャラ相場からフジが倍増させる形で招聘したと言われます」(ドラマ関係者)

 結果、不名誉な戴冠になるとは‥‥。

 3位に「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」で主演を務めた黒木華(32)がランクインした。

 黒木にとってフジ系ドラマ初主演作であり、放送前から注目度は高かった。しかし、蓋を開けてみれば視聴率は低空飛行を続け、泥棒指数も23.33と高値を付けたのだ。芸能ジャーナリストの平田昇二氏が語る。

「14年にベルリン国際映画祭最優秀女優賞も獲得している黒木は演技力に定評があり、主演した連ドラでも『凪のお暇』や『重版出来!』(いずれもTBS系)、『みをつくし料理帖』(NHK)などで及第点以上の数字を取ってきただけに、今作の苦戦は制作サイドも想定外だったでしょう。これまでの実績に応じてギャラも上がってきたことで〝お得感〟は減り、次作以降が今後の女優人生を占う正念場となりそうです」

 4位には、近年ともに古巣の大手芸能事務所から独立を果たした柴咲コウ(40)と上野樹里(36)の2人が入った。

 柴咲は「インビジブル」で主演の高橋一生とバディを組む謎の犯罪コーディネーターを演じたが、視聴率は大苦戦。ドラマ事情に詳しいライターの張本茂雄氏が指摘する。

「この作品は米ドラマ『*リスト』の主演の2人の男女の設定を替えただけ、というパクリ疑惑が浮上していましたよね。まあ、柴咲としては久々に主演級の役を貰ったわけで、仮に設定が似ているなと思ったとしても断る道理はなく、騒動は柴咲的に〝貰い事故〟だったかもしれません」

 パクリ疑惑の真相は藪の中だが、制作サイドとしては、ヒロインとはいえ主演クラスのギャラを貰っている柴咲の人気でもう少し視聴率を何とかしてほしかったというのが本音だろう。

「確かに柴咲は、ギャラで揉めることがあるほど、交渉がしっかりしていますからね。ドラマ以外の予算が少ない番組でも、けっこうな額を提示されることもあったといいます」(民放局プロデューサー)

 一方で、「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」に主演した上野には同情的な意見も。

「同作は体調不良で降板した戸田恵梨香(33)のために企画段階から準備されており、急遽の代役としては及第点の数字ではないでしょうか」(テレビ誌ライター)
(女優編2につづく)

*「週刊アサヒ芸能」8月4日号掲載

【ドラマが面白くないのは俳優のせいでは無いと思います!一生懸命お芝居されていると思いますよ!!】の続きを読む


子)とそれぞれの家族の暮らしを描く家庭ドラマである。 通称「渡鬼(わたおに)」。 タイトルは「渡る世間ははなし」ということわざをもじってつけられたもので、「相手のことをだと思う自分がすでになんだと、自分がでなかったら相手のこともだと思わない、という意味を込めたんですよ」と石井ふく子プロデューサーは語っている。
116キロバイト (14,983 語) - 2022年8月3日 (水) 02:27

(出典 朗読劇初挑戦の泉ピン子 95年の“夫に愛人で号泣会見”は橋田寿賀子さん ...)



1 愛の戦士 ★ :2022/08/03(水) 15:58:22.38 ID:CAP_USER9.net
デイリー新潮 8/3(水) 11:01

 昨年4月に95歳で他界した脚本家・橋田壽賀子さんの代表作「渡る世間は鬼ばかり」を放送していたTBSが、9月に追悼特番を放送することがデイリー新潮の取材で分かった。「渡鬼」のスタッフと出演者らが橋田さんを偲ぶ。だが、泉ピン子(74)は出演しない。「渡鬼」関係者とピン子の軋轢が理由だ。

「渡鬼」でピン子が演じた小島五月の息子はえなりかずき(37)が扮した眞。だが、2人が断絶状態にあるのは知られている通り。厳しいピン子に対し、えなりが拒絶反応を起こした。

「渡鬼」は1990年に連続ドラマとして始まり、スペシャル版を含めると2019年まで続いたが、2人が絡む場面は2015年が最後になった。

「えなりさんは泉さんと会うことすら避けるようになり、打ち上げにも欠席するようになった」(「渡鬼」スタッフ)

 取材を進めたところ、ピン子を敬遠しているのは、えなりだけではなかった。「渡鬼」に関わる複数のスタッフ、出演者とピン子の関係は以前から険悪になっている。

 それが橋田さんの追悼番組にピン子が出演しない大きな理由だ。「泉さんが出るなら、遠慮したい」というスタッフ、出演者が複数いるため、ピン子は招かれないという。

 橋田さんの遺骨の海洋散骨騒動が影響した。ピン子が遺骨の一部を手に入れ、それを海に撒いたという話である。これに対し、「渡鬼」に出演していた橋田ファミリーから疑問の声が上がった。

「そもそも腑に落ちない話。ピン子さんが言われる通り、昨年4月の葬儀の時点で遺骨を手にしていたのなら、どうして今年6月まで伏せる必要があったのか」(同「渡鬼」スタッフ)

 ピン子が橋田さんの遺骨が手元にあることを初めて明かしたのは6月2日。自身が主演する朗読劇「すぐ*んだから」(東京・池袋「あうるすぽっと」、8月4日から)のPR会見の席上だった。

「海洋散骨の話をされたのもこの場が初めてでした」(同「渡る世間は――」スタッフ)

 この舞台のテーマの1つは終活。ピン子も会見で自身の墓づくりについて語っている。橋田さんの遺骨を海洋散骨する話も舞台のテーマに合うと考えたのだろうか。

 この場でピン子は橋田さんの遺骨を手に入れた経緯について「焼き場で『お骨、ちょうだい』ってもらって」などと説明した。仮にピン子が本当に遺骨を分けられていようが、橋田さんの近親者たちはそれを知るよしもなかった。

 近親者たちは海洋散骨についても聞かされていない。これでは物議を醸すはずである。海洋散骨は6月15日に行われ、それを報告するコメントがピン子からマスコミ各社に送られた。一方、近親者たちへの通知はなかった。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1fe824e445f135ff8fa6c7726b51bf0918bba70

関連スレ
【芸能】泉ピン子が橋田壽賀子さん遺骨散骨めぐる週刊誌報道に激怒!“毒舌”復活で騒動ドロ沼化の様相 [フォーエバー★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659430219/

【芸能】泉ピン子、えなりかずきの“共演拒否”騒動への思い 「私からどうこう言うつもりはないし、悪口を言われても気にしない」 [jinjin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1659281071/

【【新潮】ピン子さんとの関係はよくなかったんでしょうか・・。9月の橋田壽賀子さん追悼番組に呼ばれず 。】の続きを読む

このページのトップヘ